2021年沖縄那覇から海、日帰りで行ける離島ナガンヌ島 まとめ

スポンサーリンク
沖縄
スポンサーリンク

那覇のビーチは波の上ビーチだけではない。日帰りで行ける離島ナガンヌ島

今回は那覇の泊港からわずか20分で行ける一番近い離島、ナガンヌ島についてご紹介したいとおもいます。

泊港から株式会社とかしきが運航する定期便にて日帰りで20分でいける離島です。

那覇から北部に行くより全然近い離島ナガンヌ島、海も慶良間ブルーを楽しむことができます、非現実的なビーチで色んなアクテビティやBBQ、そして宿泊もできる魅力たっぷりな無人島です。

スポンサーリンク

ナガンヌ島って何してすごすの?

ナガンヌ島は慶良間諸島で最も本島に近い島で無人島で映画にでてきそうな雰囲気のビーチだけでできた島になります。

オフシーズンはBBQやキャンプで楽しもう!!

冬場はBBQやキャンプもできるので冬場、那覇にきてやることに迷ったらアウトドアを楽しむこともできます。

BBQとキャンプのできる期間は12月から3月末までの期間になりますが

株式会社とかしきさんに問い合わせして時期は確認してください。

日帰りツアーも開催されていて泊港から日帰りで海にいって帰ってくることも可能です。

夏場はキャンプとBBQはやっていないので夏場は宿泊施設があるのでそこで宿泊することができます。

ハイシーズンの楽しみ方

宿泊施設にはシャワールームトイレもエアコンもあるので快適に過ごすことができます。

注意点としては宿泊施設の利用は4月から10月末までになりますが詳しくは問い合わせてご確認ください。

ナガンヌ島にはレストランもあるのでそこで食事することができるので手ぶらで大丈夫です。

ビーチの施設としてロッカーやシャワー、トイレなども完備されているので無人島だからっていう不便さは一切感じないので女性の方も安心していくことができます。

泊港から出港する船便の数が限られているためプライベートビーチのような感じで楽しむことができるので一度行ってみてほしいです。

宿泊したときはサンセットがとてもきれいでBGMは波の音だけで非現実的な空間をたのしめます。

夜は本島側をみれば那覇の夜景や飛行機が那覇空港に離発着が見えて空を見れば満面の星空を楽しむことができます。

またアクテビティも多彩でパラセーリングやシュノーケリング、バナナボートやウェイクボートも楽しめます。

ビーチからシュノーケリングするとすぐにサンゴや熱帯魚たちがいてるのでシュノーケリングでも、とても楽しむことができます。

下のサイトから期間の確認やアクテビティや宿泊の予約などができます。

沖縄の無人島 – ナガンヌ島公式サイト (nagannu.com)

泊港までの行き方

那覇空港から車で15分くらいで行くことができます。

国際通りのドン・キホーテからタクシーで5分くらいでいくことができます。

集合場所が泊港のフェリーターミナルではないのでこの辺に注意が必要です。

58号線を北上していくと左手に泊フェリーターミナルが見えるのでそれを越えて一つ目の信号を左折します。

フェリーターミナルから正面に泊大橋をみて、右手に若狭弁当さんがあるのでその横にナガンヌ島の旗が立っているのでそれが目印になります。

まとめ

ナガンヌ島の魅力についていろいろと紹介していきましたが那覇から20分でいける離島で

冬場はキャンプやBBQも楽しめる最高の島です。

夏場は日帰りで海水浴やマリンレジャーを楽しむことができます。

那覇からわずか20分で行ける最高にきれいな真っ白なビーチ、透き通るような慶良間ブルーの海をみることもできます。

注意点としては飲食物を持ち込むことはできないのでナガンヌ島のレストランで飲食物は購入することになります。

船は結構揺れるので船酔いする方は酔い止めを飲んでいかれることをオススメします。

お問い合わせ

株式会社   とかしき
住所     沖縄県那覇市泊3-14-2
電話番号   098-860-5860
沖縄の無人島 – ナガンヌ島公式サイト (nagannu.com)

タイトルとURLをコピーしました