【2021】本田圭佑の年棒の推移をまとめてみた!

スポンサーリンク
スポーツ選手 年収
スポンサーリンク

本田圭佑選手の年棒の推移をデビューの2005年名古屋グランパスエイトから2021年のネフチ・バクーまでをまとめてみました。

今まで本田圭佑選手は日本で1つのクラブ、海外で8つのクラブと契約しています。

それでは早速本田圭佑選手の年棒の推移についてみていきましょう。

スポンサーリンク

本田圭佑の年棒の推移

画像

引用元:https://twitter.com/weeklysd/status/1429783298927116290/photo/1

名前 本田圭佑
生年月日 1986年6月13日
出身地 大阪府摂津市
身長 182㎝
体重 74kg
職業 プロサッカー選手

本田圭佑選手は名古屋グランパスエイトでプロ入りをはたし、2007~2008シーズンよりオランダのvvvフェンロに移籍しており、その後は海外クラブを現在まで、渡り歩いています。

そんな本田圭佑選手の年棒の推移をまとめていきます。

本田圭佑の年棒の推移(所属クラブ)

年度 年棒 所属クラブ
2005年 450万円 名古屋グランパスエイト(日本)
2006年 1000万円 名古屋グランパスエイト(日本)
2007年 1800万円 名古屋グランパスエイト(日本)
2008年 6500万円 vvvフェンロ(オランダ)
2009年 6500万円 vvvフェンロ(オランダ)
2010年 3億円 cskaモスクワ(ロシア)
2011年 3億円 cskaモスクワ(ロシア)
2012年 3億円 cskaモスクワ(ロシア)
2013年 3億円 cskaモスクワ(ロシア)
2014年 7億7000万円 ACミラン(イタリア)
2015年 7億7000万円 ACミラン(イタリア)
2016年 7億7000万円 ACミラン(イタリア)
2017年 4億5000万円 バチューカ(メキシコ)
2018年 3億2000万円 メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
2019年 3億3000万円 フィテッセ(オランダ)
2020年 1億6000万円 ボタフォゴ(ブラジル)
2021年 4000万円 ネフチ・バグー(アゼルバイジャン)

本田圭佑の年棒の推移(グラフ)

本田圭佑の日本代表の年棒

画像

引用元:https://twitter.com/takatakaoso/status/1014504422146097152/photo/1

開催年度 大会名 (結果)
2005年 2005 FIFAワールドユース選手権(ベスト16)
2006年 カタール・アジア競技大会(グループリーグ敗退/3試合1得点)
2008年 北京オリンピック(グループリーグ敗退)
2010年 2010 FIFAワールドカップ(ベスト16/4試合2得点)
2011年 AFCアジアカップ2011(優勝/5試合1得点)
2013年 FIFAコンフェデレーションズカップ2013(グループリーグ敗退/3試合1得点)
2014年 2014 FIFAワールドカップ(グループリーグ敗退/3試合1得点)
2015年 AFCアジアカップ2015(ベスト8/4試合3得点)
2016年 キリンカップサッカー2016(準優勝/2試合0得点)
2018年 2018 FIFAワールドカップ(ベスト16/3試合1得点)

日本代表選手ペイメント規定に基づいて代表選手には以下の報酬が支払われます。

  • 2010年は日当1万円
  • 勝利給としてW杯本大会が200万円
  • W杯予選やアジアカップなどの公式戦が30万円
  • 親善試合は20万円となっています。
  • 勝利給は勝ち上がる毎に加算されます。大会ボーナス
  • W杯優勝で5000万円
  • 2位で3000万円
  • 3位で2000万円
  • 4位で1000万円
  • ベスト8で800万円
  • ベスト16で600万円

実際の支給方法は監督の意向が反映されることが多く、代表選手の実績や経歴、所属クラブで報酬が決まるのではなく、日本代表の試合内容と成績で報酬が決まることが多いようです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました