前田健太の年棒、出来高の推移(MLB)(NPB)、まとめ

スポンサーリンク
MLB
スポンサーリンク

前田健太選手の年棒、出来高の日本(NPB)からメジャー(MLB)の推移をまとめてみました。

前田健太選手の2006年にPL学園高等学校から広島東洋カープにプロ入りし、2016年12月4日にロサンゼルス・ドジャースと契約されメジャー入りしています。

契約内容は8年総額$25,000,000(約27億5000万円)登板数とイニング数に応じての出来高で最大$106,200,000(約116億8200万円)の契約をされています。

出来高の仕組みについても表記しており、出来高の報酬額も表記しています。

前田健太選手の年棒の推移を見ていきましょう。

スポンサーリンク

前田健太の年棒【2021】

画像

引用元:https://twitter.com/BaseballkingJP/status/1429236376524918786/photo/1

名前 前田健太
所属チーム ミネソタ・ツインズ
投球・打席 右投げ・右打ち
ポジション 投手
プロ入り 2006年
MLB初出場 2016年4月6日
年棒 312万5千ドル(約3億4000万円)

【無料もあり】ツインズの試合をライブ中継で見る方法7選!

 

前田健太の年棒の推移

前田健太の年棒の推移(MLB)

※1ドル110円換算

年度 年棒 所属
2021年 $3,125,000(約3億4000万円)+出来高 ミネソタ・ツインズ
2020年 $3,125,000(約3億4000万円)+出来高 ミネソタ・ツインズ
2019年 $3,125,000(約3億4000万円)+出来高 ロサンゼルス・ドジャース
2018年 $3,125,000(約3億4000万円)+出来高 ロサンゼルス・ドジャース
2017年 $3,125,000(約3億4000万円)+出来高 ロサンゼルス・ドジャース
2016年 $3,125,000(約3億4000万円)+出来高 ロサンゼルス・ドジャース

前田健太の年棒(MLB)+出来高①

前田健太選手の出来高は1年間の投球回数によって金額が推移します。

90イニング達成で25万ドル(2750万円)以降10イニング毎に加算されます。

年間の投球回数(イニング数)で出来高が+されます。

年度 投球イニング数 出来高金額
2021年 106回1/3 $500,000(約5500万円)
2020年 66回2/3 $27,9000(約3060万円)
2019年 153回2/3 $1,750,000(約1億9250万円
2018年 125回1/3 $1,000,000(約1億1000万円)
2017年 134回1/3 $1,250,000(約1億3750万円)
2016年 175回2/3 $2,250,000(約2億4750万円)

前田健太の年棒(MLB)+出来高②

1年間の登板数により出来高が+されます。

15、20登板で+100万ドルずつ、25、30、32登板で+150万ドルずつ出来高が+されます。

年度 登板数 出来高金額
2021年 21登板 $2,000,000(約2億2000万円)
2020年 11登板 $740,000(約8140万円)
2019年 37登板 $6,500,000(約7億1500万円)
2018年 39登板 $6,500,000(約7億1500万円)
2017年 29登板 $3,500,000(約3億8500万円)
2016年 32登板 $6,500,000(約7億1500万円)

このほかに開幕ベンチ入りでボーナス15万ドルがあります。

前田健太の年棒の推移(NPB)

年度 年棒 所属
2006年 ドラフト1位契約金8000万円 広島東洋カープ
2007年 800万円 広島東洋カープ
2008年 800万円 広島東洋カープ
2009年 2500万円 広島東洋カープ
2010年 4800万円 広島東洋カープ
2011年 1億5000万円 広島東洋カープ
2012年 1億5000万円 広島東洋カープ
2013年 2億1000万円 広島東洋カープ
2014年 2億8000万円 広島東洋カープ
2015年 3億円 広島東洋カープ

前田健太の年棒の推移2004年から2021年グラフ

タイトルとURLをコピーしました