長野市青木島遊園地廃止経緯

長野市青木島遊園地廃止経緯青木島遊園地

長野県長野市にある青木島遊園地がたった一人のクレームによって廃止が決定してしまいました。

現在この問題は世論を巻き込み社会問題に発展しています。

青木島遊園地が廃止に追い込まれた経緯、クレーマーは誰なのかについても関連記事にて詳しく説明しています。

長野市青木島遊園地令和5年3月31日で廃止

長野県長野市青木島町大塚大北1309-1にある青木島遊園地の廃止が決定しています。

令和5年3月31日で廃止になる予定です。

青木島遊園地の近隣住民たった一人の為に子供のためにある公園が廃止することになりました。

青木島遊園地の周辺には保育園や児童施設、小学校などもあり地域住民の憩いの場になっていました。

この廃止に追い込んだ人物がどんな要求をしたのかなどの経緯もかなり細かく調査しています。

 

長野市青木島遊園地のクレーマーは誰?

廃止のきっかけになった人物は国立大学の信大名誉教授の85歳の方という噂があります。

青木島遊園地にクレームを約20年にわたり続けてきた上級国民についても調査しています。

【関連記】

青木島遊園地にクレーム信大名誉教授85歳を特定か「たった一軒のクレームで公園廃止」長野県長野市

長野市青木島遊園地開設から廃止までの経緯

青木島遊園地の開設から廃止までのクレーマーである上級国民と長野市のやり取りも細かく調査しています。

長野市の市長である萩野市長のスローガンは「子供ファースト」しかし、青木島遊園地の廃止はたった一軒のクレームで廃止に追い込まれてしまいました。

この問題に長野県市議会議員の小泉一真議員が立ち向かっています。

開設当初のクレームから廃止に追い込まれるまでの経緯も調査しています。

長野市は上級国民への忖度での廃止にもかかわらず、みんなが被害者などと発言していますが、長野市の対応でこのような結果になったことがよくわかると思います。

【関連記事】

青木島遊園地長野市「苦情に耐えられない」上級国民のいいなり

青木島遊園地

青木島遊園地長野市「苦情に耐えられない」上級国民のいいなり

長野県長野市にある青木島遊園地の廃止を巡り長野市の対応がクレームに耐えられずに上級国民である信大名誉教授の言いなりになり廃止を決めた可能性があります。 青木島遊園地の開設から廃止の経緯についても詳しく調査しています。 長野市の対応などを今回は調査してきましたので紹介していきます
青木島遊園地

青木島遊園地クレーマー信州大学名誉教授「たった一軒のクレームで公園廃止」長野県長野市

長野県長野市にある青木島遊園地がたった一軒のクレームで廃止に追い込まれるという前代未聞の事態が起こりました。 このクレームを入れた人物は国立大学信州大学名誉教授で2021年3月に名誉教授になっているということがわかりましたので今回は調査してきましたので紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました