長友佑都の年棒の推移まとめ!サッカー以外の年収が凄かった!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フランスのマルセイユに移籍された長友佑都選手の年棒の推移をまとめていきたいと思います。

長友佑都選手はサッカー以外のビジネスの年収も凄かった。

長友佑都選手はイタリア、トルコ、フランスと三か国に渡り活躍されていますが、歴代住まれている家が凄すぎるので今回マルセイユの移籍でどんな自宅なのかきになりますね。

ということで今回年棒の推移や歴代の自宅について調査してみました。

スポンサーリンク

長友佑都の年棒の推移

 

長友佑都選手は明治大学在学中にFC東京とプロ契約を結び2008年よりFC東京でプロサッカー選手としてキャリアをスタートされています。

それでは長友佑都選手がプロになってからの年棒の推移をまとめていきたいと思います。

長友佑都「FC東京」の年棒(2008年~2010年)

長友佑都選手は22歳の時にFC東京とプロ契約を結び1年目の年棒は300万円でした。

プロ一年目から長友佑都選手は才能を認められA代表入りを果たし北京オリンピック出場キリンカップのコートジボワール戦にフル出場するなどの活躍を見せました

その結果プロ二年目の2009年にはありえない増額の2000万円に年棒が上がります。

この年にJリーグのベスト11に選出されました。

2010年のプロ三年目は微増の2500万円でしたね。

今になって思えば長友佑都選手の年棒はこの時恐ろしく安く感じますね。

FC東京時代の年棒推移まとめ

  • 2008年   年棒300万円
  • 2009年   年棒2000万円
  • 2010年   年棒2500万円

長友佑都「チェゼーナ・インテル」の年棒2011~2017

 

長友佑都選手は「南アフリカワールドカップ」での活躍が認められ、ACチェゼーナへ買い取りオプション付きでのレンタル移籍しました。

チェゼーナの年棒は1億1000万円までになりました。

2011年1月の冬の移籍市場の最終日にセリエAのビッグクラブであるインテルへのレンタル移籍になり2011年7月に完全移籍が決まりました。

2012年と2013年の年棒は1億4000万円でしたが、当時日本人がビッグクラブでレギュラーを実力でとったことに本当に感動したのを覚えています。

2014年には実力と実績が認められ年棒は4億円に到達しました。

2015年には副キャプテンに就任し、4億3750万円になり名実ともにインテルを代表する選手となりました。

しかし、サイドバックの補強と膝の故障により出番が激減することになってしまいます。

ACチェゼーナ・インテルミラノ時代の年棒推移まとめ

  • 2011年(チェゼーナ) 年棒1億1000万円
  • 2012年(インテル)  年棒1億4000万円
  • 2013年(インテル)  年棒1億4000万円
  • 2014年(インテル)  年棒4億
  • 2017年(インテル)  年棒4億3750万円

長友佑都「ガラタサライ」の年棒(2018~2020)

2018年1月期限付き移籍でインテルからトルコの名門ガラタサライに出場機会を求めて移籍した長友佑都選手。

2018年6月にガラタサライの優勝への功績が認められ完全移籍を果たしました。

2018年の年棒は2億5920万円とインテル時代から考えると半分近くの年棒になりました。

2019年の年棒は2億4000万円でしたがTVなどの報道でもあったように年棒の半分をクラブに返すという報道がありました。

トルコ1部のガラタサライで登録メンバー外となった日本代表DF長友佑都は、今後の半年分の給料に相当する100万ユーロ(約1億2100万円)を受け取らないことをクラブに伝えたという。『ヒュリイェット』などトルコ複数メディアが5日に伝えた。

引用元:https://www.footballchannel.jp/2020/02/05/post361137/

長友佑都選手はガラタサライとの契約が残っている長友佑都伝種は、公式戦に出場できなくとも給料を受け取る権利はあるが、100万ユーロの報酬を放棄する意志をクラブに伝えたという。この返金について自身の考えを語りました。

「これからガラタサライのユニフォームを着ることができないのは残念だが、プロ生活はこういうもの。練習に参加するだけで、受け取る資格のないお金を受け取ろうとは思わない」と長友はクラブに申し出たとのことだ。

引用元:https://www.footballchannel.jp/2020/02/05/post361137/

長友佑都選手の今回の行動に現地では「驚きの決断」「誰もが驚く行動」と報じられたようですね。

さすが長友佑都選手というべき男らしい行動ですね。

ガラタサライ時代の年棒推移まとめ

  • 2018年  年棒2億5920万円
  • 2019年  年棒2億4000万円(1億2000万円返金)

長友佑都「マルセイユ」の年棒2020年~

長友佑都選手はガラタサライの契約満了し退団後の2020年8月よりフランスのオリンピック・マルセイユへ加入しました。

マルセイユでの年棒ですが、今のところまだ正式な発表がないので憶測でしかかけませんが、現在マルセイユでの年棒順でいくと。

1位 ディミトリ・パイエ  年棒7280万円

2位 ルイス・グスタボ   年棒6500万円

3位 フロリアン・トバン  年棒5200万円

そして比較対象となる日本代表のDF酒井選手は2145万円ということから推測するとマルセイユでの長友佑都選手の年棒は50万ユーロ(6500万円)を超えることがないといわれています。

現役で活躍されている選手から考えると薄給になりそうな感じですがこちらもわかり次第、追記したいと思います。

長友佑都のサッカー以外の年収

画像

引用元:https://twitter.com/Cuore__official

長友佑都選手のサッカー以外の収入はTV出演やCM、書籍の出版などがあります。

またスポーツ関連会社の「Cuore」の代表取締役も務めていますのでサッカー以外の収入もありますので今回そこも調べてみました。

長友佑都選手の収入

  • TV のギャラ    1本あたり70万円
  • TVCMのギャラ   1本あたり4000万円
  • 書籍の収入     不明
  • Cuoreの収入    不明

長友佑都選手の代表取締役であるCuoreや書籍の収入もあると思うのですがこちらは公表されていないためわかりませんでした。

長友佑都の年棒、年収の推移まとめ

長友佑都選手の過去最低年棒はFC東京時代の300万円で過去最高年棒はインテル時代の4億3750万円ということがわかりました。

現在までサッカーで稼いだ額は約16億5000万円ということがわかりました。

この収入以外にもスポンサー料やTVのギャラ、CMのギャラ、書籍の収入や会社の収益などもあると思うので軽く20億円以上は稼いでいそうですね。

これからの長友佑都選手の活躍にまだまだ期待したいですね。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました