コモレビ・ナーサリー

コモレビ・ナーサリー保育士「顔画像やフェイスブックは?」園長は?千葉県松戸市園児虐待

komorebi-na-sari-hoikusiコモレビ・ナーサリー

千葉県松戸市は19日、同市東松戸の小規模保育所「コモレビ・ナーサリー」で、職員3人が複数の園児の頭をたたくなどの暴行を加えていたと明らかにした。市は松戸署に相談するとともに、19日、運営する社会福祉法人「菊光会」を行政指導した。

菊光会の理事長は佐々木翠理事長になります。

コモレビ・ナーサリーの職員又は保育士の名前や顔画像、フェイスブックなどのSNS、園長についても調査してきました。

コモレビ・ナーサリー菊光会「関連施設に行政のメス」千葉県松戸市虐待事件

コモレビ・ナーサリー保育士「44歳保育士指導の元か?」

コモレビ・ナーサリー保育士

コモレビ・ナーサーリーの園児虐待について中年女性をはじめとして女性保育士3名が関わっていることがわかりました。

虐待内容とコモレビ・ナーサリーの虐待した保育士の年齢などをまとめていきます。

  • 女性保育士(31)は女児とおもちゃの取り合いをしていた男児の頭をプラスチック製の弁当容器でたたき、指2本で頬を押し上げた他、泣いている女児をトイレに1人で約5分間放置した。
  • 女性保育士(30)は食事中にうとうとしていた園児の額をたたくなどをした
  • 44歳の保育士は指で7度にわたり男児のこめかみを小突くなど、3人で計10件の不適切な保育が確認された。

園児に対して虐待した保育士はいずれも女性で30歳女性、31歳女性、44歳女性ということがわかりました。

コモレビ・ナーサリー保育士の名前や顔画像は?

コモレビ・ナーサリーの保育士の名前や顔画像はということで今回調査してきました。

この虐待に関わった人物は女性保育士(31)、女性保育士(30)、44歳の保育士の三名が関わっていたことがわかっています。

コモレビ・ナーサリーの職員9名中3名が関わっていたこともわかっています。

現在名前や顔画像については特定作業を急いでいますのでわかり次第追記していきます。

コモレビ・ナーサリー保育士発覚の経緯

コモレビナーサリー保育士

2022年9月22日コモレビナーサリーを退職した保育士が松戸市に告発

2022年10月松戸市がコモレビナーサリーに対して特別監査指導を実施

社会福祉法人「菊光会」側からコモレビナーサリーの監視カメラの映像と「不適切な保育」はなかったとされる報告書が松戸市に提出される

2022年11月まで松戸市が園児に対する虐待がないか監視した結果、女性保育士(31)、女性保育士(30)、44歳の保育士の三名が園児6名に対して虐待していることが発覚

2022年12月6日に菊光会が園児に対する虐待を認める

12月7日に松戸市が松戸署に相談

12月19日松戸市の行政指導、公表

12月20日菊光会が保護者説明会

児童に行っていた虐待内容

  • 1歳~2歳児に対する計6名
  • 保育士三名 30歳~44歳
  • 給食中にウトウトしている1歳の男の子の園児の頭をたたく
  • 2歳の男の子の頭をおもちゃでたたく
  • 腕をひっぱり、おもちゃで頭をたたき、小指でほほを小突く
  • トイレに5分間放置

などが報道でわかっています。

コモレビナーサリー保育士

虐待に対して菊光会の佐々木翠理事長はコメントで発言されています。

「本当に心より申し訳ないという思いでございます。子供に指導するような立場ではないと判断しました。

今回の報道では虐待を行っていた保育士はコモレビ・ナーサリーの保育士9名中3名であることが報じられています。

コモレビ・ナーサリー保育士「フェイスブックなどのSNSは?」

コモレビ・ナーサリーの虐待した保育士、女性保育士(31)、女性保育士(30)、44歳の保育士の3名のSNS特定作業も現在しておりますので、特定出来次第こちらにアップしていきます。

コモレビ・ナーサリーの園長「菊公会の闇」

コモレビ。ナーサリーの園長について特定するべく調査しましたが、現在園長の名前などの記載はなく、運営会社は社会福祉法人「菊公会」になります。

社会福祉法人「菊公会」佐々木翠理事長になります。

コモレビ・ナーサリー保育士

「菊光会」は市内で同事業所を含む小規模保育事業所2カ所、認可保育園1カ所、幼保連携型認定こども園1カ所を運営。市川市でも認可保育園1カ所を運営していることがわかっており別記事で菊光会についても調べていきます。

また菊光会の闇の報道についても紹介していきます。

社旗福祉法人「菊光会」が松戸市内で運営する4施設で、運営費や補助金計約1200万円の不正受給があったことも判明。退職した職員分を含んだ補助金を申請するなどして、2021年度分で国と県、市の補助金などを不正に受給していることが報道からわかりました。

コモレビ・ナーサリー菊光会「関連施設に行政のメス」千葉県松戸市虐待事件

コモレビ・ナーサリーの場所は?

コモレビ・ナーサリー保育士

小規模保育園

コモレビ・ナーサリー
2丁目-2-14 東松戸 松戸市 千葉県 270-2225

コモレビ・ナーサリー保育士「顔画像やフェイスブックは?」園長は?千葉県松戸市園児虐待の世間の声

  • 同様の事件が立て続いて報道されるのは、今まで、顕在化していなかっただけとしか思えません。理由は、幼い子ども達には自分の受けた被害を言語化する事が出来ない事、親も保育園に預けざるを得ない状況にある事が要因ではないでしょうか。仮に虐待として児童相談所に通告しても、児童相談所が介入出来るのは親権者、監護権者からの虐待であり、保育園に介入する事は出来ません。親からの相談であれば、警察に被害届けを出す事を勧めるか、自治体への相談を勧めるしかありません。自治体は、定期監査を行なっていますが、運営や設備、人員に関する事だけで、保育内容の調査は行なっていません。抜き打ち監査を行ったとしても、日常の保育実態を把握する事は難しいです。監視カメラの設置も一つの手段ですが、それよりも、子どもの話をどうやって聞き取るか。保育士からの保育実態の聞き取りも含め、保育園にもカウンセラーの設置が必要なのてはないでしょうか。

 

  • もう預ける方と預かる方とで性善説はナシにして、園の各部屋の天井にでもweb中継の監視カメラでも設置して、いつでも随時確認される状況で園の運営をするべきじゃ無いのかな?そうすれば、逆にトラブルメーカーの園児の問題解決にも客観材料として提示できたりもするでしょうし。むろん、保育士さんたちの労働環境がキツい等の問題はあるのかもしれませんが、それはそれで別立てで解決すべき問題だとも思いますし、仕事が忙しい•人手不足•言うことを聞かない等で体罰、その理屈はもちろん許されるものではありません。

 

  • 来年小学生になる娘を持つ身の上、妻と共働きで育児と仕事を互いに両立しなが今に至ります。正直、自分の娘にだってカチンと来ることが多々あるのだから、保育士という仕事は大変だとは思います。ただし、超えてはならない一線は持っているつもりです。というか、全てに勝る大人側が持たなければならないと思っています。それを超えてしまえば罰を受ける、受けさせる事が抑止力になる、そんな社会であるべきだとも思います。 それと少子化問題と同様に、国がここを疎かにし過ぎだとも思います。次の世代の養育は自分たちの未来に直結する。指導や罰することだけでなく、なぜそうなった、どうしてそうなってしまったかを考え改善しないと、根本的な問題が残ってまた繰り返される。そんなことを続けても誰も幸せにはなれないのではと割と本気で思っています。

コモレビ・ナーサリー菊光会「関連施設に行政のメス」千葉県松戸市虐待事件

コメント

タイトルとURLをコピーしました