大谷翔平のホームラン数 2022年シーズン (速報)(本塁打数)メジャーリーグホームラン王へ、MLB最新ホームランランキング、まとめ

スポンサーリンク
MLB
スポンサーリンク

2022年シーズンの大谷翔平選手のホームラン数はになります。

大谷翔平選手の記事まとめ

スポンサーリンク

大谷翔平のホームラン推移

月ごとにまとめています

4月のホームランの成績

日時 4月15日 4月16日 4月29日
本塁打数

 

5月のホームランの成績

日時 5月9日 5月14日 5月15日 5月22日 5月29日
本塁打数

6月のホームラン数

日時 6月9日 6月11日 6月21日 6月25日 6月28日
本塁打数 2 1

7月のホームラン数

日時 7月1日 7月8日 7月23日 7月26日 7月30日
本塁打数

 

8月のホームラン数

日時 8月4日 8月9日 ㋇13日 8月17日 8月28日 8月29日 8月31日 8月合計
本塁打数

9月のホームラン数

日時 9月5日
本塁打数

大谷翔平のホームラン(本塁打数)1号~10号 2022年

1号 124m

4月15日 レンジャーズ戦 投手 ブッシュ

1回先頭打者初球155キロを右中間へソロホームラン

飛距離は124m、打球速度は174キロ、角度41度

2号 126m

4月15日 レンジャーズ戦 投手 アラード

5回1死1塁の場面から137キロのスライダーを右越え2ランホームラン

打球速度は174キロで飛距離は126m、角度35度、太谷翔平選手7度目の1試合2発

3号 119m

4月16日 レンジャーズ戦 投手 ホランド

8回2死2塁、初球129キロのカーブを右中間へ2戦連続の2ランホームラン

打球速度は174キロ、飛距離は119m、角度は24度

4号 128m

4月29日 ホワイトソックス戦 投手 ジオリト

1回、2死ランナー無し、153キロを中越えへソロホームラン

打球速度は174キロ、飛距離は128Ⅿ、角度は28度

5号 124m

5月9日 レイズ戦 投手 ビークス

5回ランナー無し、初球カットボールを左中間へソロホームラン。

打球速度は176キロ、飛距離は124m、角度は22度

6号 126m

5月9日 レイズ戦 投手 フォーチャー

7回無死満塁の最高の場面、カウント3-1からカットボールをレフトへ日米通じて初のグランドスラム

打球速度は177キロ、飛距離は126m、角度は29度

7号 127m メジャー100号

5月14日 アスレチックス戦 投手 オラー

5回無死2塁、初球150キロシンカーを中堅左へ弾丸ライナーで2ランホームラン

打球速度は177キロ、飛距離は127Ⅿ角度22度、松井秀喜選手、イチロー選手に続く100号、459試合で100号到達は日本人初の快挙を達成

8号129.5m

5月15日 アスレチックス戦 投手モンタス

1回1死1塁、カウント2-2から155キロを中堅右へ2ラン特大ホームラン

打球速度は174キロ、飛距離は今期最長の129.5mの特大ホームラン、角度は32度

9号135m 日米通算150号

5月22日 アスレチックス戦 投手 アービン

1回先頭打者、2球目カーブを中堅バックスクリーンへホームラン

打球速度は175キロ、飛距離は135m、角度は23度

今季最長飛距離更新、日米通算150号

10号126m

5月29日 ブルージェイズ戦 投手べリオス

1回1死ランナー無し、低めカーブを右中間へホームラン

打球速度は175キロ、飛距離は126m、角度26度

松井秀喜選手の7度の二桁堡塁打達成以来で日本人では二人目になる4度目の二桁本塁打達成

大谷翔平のホームラン(本塁打数)11号~20号 2022年

11号130m

5月29日 ブルージェイズ戦 投手べリオス

3回無死1塁の場面、カウント2-2から150キロストレートを中越え2ランホームラン

飛距離は130m、打球速度は172キロ、角度は29度

12号120m

6月9日 レッドソックス戦 投手ピベッタ

5回1死1塁、カウント1-1から149キロ高めストレートを中越えへ10試合ぶりの2ランホームランで逆転

飛距離は120m、打球速度は168キロ、角度は27度

13号118m

6月11日 メッツ戦 投手カラスコ

5回1死2塁、初球スライダーを右中間へ2ランホームラン

飛距離118m、打球速度は183キロ、角度は21度

14号129m

6月21日 ロイヤルズ戦 投手ヒースリー

6回無死1塁、2塁の場面、カウント2-2からの6球目、真ん中ストレートをとらえ3ランホームラン

打球速度は180キロ、飛距離は129m、角度は25度

15号133.5m

6月21日 ロイヤルズ戦 投手バーロ

9回1死1,2塁の場面カーブを見事にとらえ右越えに同点3ランホームラン、1試合2発は今期4度目、メジャー通算10度目を達成しており自己最多になる8打点で記録も更新している。

松井秀喜選手が日本人で1試合7打点が最高記録だったが、大谷翔平選手が1試合8打点を記録したことにより歴代日本人最高となる。

16号141m

6月25日 マリナーズ戦 投手 ジルベルト

3回1死ランナー無し、156キロのストレートを右中間へ同点ソロホームラン

打球速度190キロで自己最速を更新、飛距離は141mで自身で4番目の飛距離、角度は28度

17号128m

6月28日 ホワイトソックス戦 投手 クエト

3回1死ランナー無し、カウント1-1からカットボールを中堅左へソロホームラン

今季2度目のトラウトと2者連続ホームラン

打球速度は172キロ、飛距離は128m、角度は29度

18号

7月1日 アストロズ戦 投手 ハビエル

1回2死ランナー無し、フルカウントから低めのスライダーを捉え打ち上げ2階ライトスタンドへ先制ソロホームラン

19号127m

7月8日 オリオールズ戦 投手 デート

9回2死ランナー無し、初球135キロのチェンジアップを中堅ギリギリに叩き込むソロホームラン

打球速度は173キロ、飛距離は127m、角度は33度

20号110m

7月23日 ブレーブス戦 投手ライト

5回1死ランナー無し、カウント2-2から低めチェンジアップをライトスタンドへソロホームラン

打球速度は177キロ、飛距離は110m、角度は22度

2年連続の20号ホームランを達成

大谷翔平のホームラン(本塁打数)21号~30号 2022年

21号124m

7月26日ロイヤルズ戦 投手 ゼルパ

3回1死ランナー無し、カウント2-1から外角151キロストレートを捉えバックスクリーンへソロホームラン

打球速度は176キロ、飛距離は128m、角度は33度

22号129m

7月30日レンジャーズ戦 投手 オットー

3回無死1,2塁、カウント0-1から2球目チェンジアップをとらえて右中間へ逆転3ランホームラン

打球速度は174キロ、飛距離は129m、角度33度

23号 123M

8月4日 アスレチックス戦 投手 ブラックバーン

1回1死走者なしの場面で右投手、ブラックバーンと対戦

カウント1-1の場面、3球目の151キロ外角ストレートを捉え左中間へ先制ソロ。

打球速度は170キロ、角度は26度、飛距離123メートル。

MLB通算116本目でイチローの117本にあと1本と迫った。

24号122m

8月4日アスレチックス戦 投手 ニード

7回2死走者なしの場面で左腕スニードと対戦

カウント0-1の場面、2球目の129キロスライダーを捉え右翼席ソロ本塁打。

打球速度は172キロ、角度は39度、飛距離122メートル。

MLB通算117本目はイチローに並ぶ日本人2位タイとなった。

25号115.2m

8月9日アスレチックス戦 投手 マルセン

7回無死走者なしの場面で左腕マルセンと対戦

スライダーをライトへソロホームラン。

打球速度174・4キロ、角度24度、飛距離115・2メートル。

MLB通算118本目はイチローを抜き日本人単独2位。

この日は投手としても6回無失点で10勝目。

ベーブ・ルース以来104年ぶりの2桁本塁打、2桁勝利を達成!

26号122m

8月13日ツインズ戦 投手 デュラン

8回2死走者なしの場面で右腕デュランと対戦

カウント2-1の場面、141キロの真ん中カーブを捉え中堅フェンスをギリギリのソロホームラン。打球速度172キロ、角度38度、飛距離122メートル。

27号

8月17日マリナーズ戦 投手 フェスタ

8回1死二塁の場面で右腕フェスタと対戦

スライダーを左中間へ2ランホームラン。メジャー通算120号

28号109m

8月28日ブルージェイズ戦 投手 メイザ

7回2死二塁の場面で左腕メイザと対戦

カウント2-2からの5球目、外角寄りのツーシームを捉え、左越えに2ランホームラン。

打球速度169キロ、角度29度、飛距離は109メートル。

29号121m

8月29日ヤンキース戦 投手 モンタス

5回2死一塁の場面で右腕モンタスと対戦

カウント1-2からの3球目、低めに落ちるスプリットに体勢を崩されながらもライトスタンドへ勝ち越し2ランホームラン。

打球速度165キロ、角度28度、飛距離は121メートル。

この試合でヤンキースのジャッジが50号ホームラン

30号130m

8月31日ヤンキース戦 投手 コール

6回1死一、二塁の場面で右腕コールと対戦

カウント2-0からの3球目、157キロストレートを捉え中超えに逆転3ランホームラン。

打球速度172・2キロ、角度24度、飛距離は130メートル。

2年連続の30号は日本人メジャーでは初!

大谷翔平のホームラン(本塁打数)31号~40号 2022年

31号 116m

9月5日タイガース戦 投手アレクサンダー

3回1死2塁の場面 初球145キロのストレートを捉え、右越えに2ランホームラン

打球速度179キロ、角度19度、飛距離116m

角度19度でのホームランは今季最も低い角度でのホームラン

32号 127m

9月5日タイガース戦 投手ヒル

7回無死の場面、初球のスライダーを捉え左中間に特大ソロホームラン

打球速度175キロ、角度31度、飛距離127m

タイトルとURLをコピーしました