谷賢一

谷賢一、大内彩加「セクハラではなくレイプ」裁判の経緯

tanikenichi-ooutisaika谷賢一

劇団DULL-COLORED POP主宰。合同会社DULL-COLORED POP代表社員。日本劇作家協会・事業委員。新国立劇場演劇研修所・講師をされている谷賢一さんが所属女優の大内彩加さんにセクハラを行ったとして現在裁判にまで発展しています。

裁判に対する証拠として谷賢一さんが大内彩加さんに送ったとされるヤバすぎるLINEやセクハラではなくレイプされたことも提出されています。

裁判の経緯についても調査してきましたので紹介していきます。

谷賢一再婚相手や子供「離婚した田中沙織」大内彩加に送ったLINEがヤバすぎ!

大内彩加wiki「仮面ライダー出演女優」インスタグラム

谷賢一現在「自宅は復興住宅」住所は双葉町、柳美里が激怒

谷賢一、大内彩花加wikiプロフィール

裁判の経緯を説明するにあたって谷賢一さんと大内彩加さんのプロフィールを簡単に紹介します。

谷賢一プロフィール

谷賢一大内彩加

名前谷賢一(たにけんいち)
生年月日1982年5月11日
出身地福島県石川郡石川町(千葉県柏市育ち)
出身高校東葛飾高校(千葉県)
出身大学明治大学文学部文学科演劇学専攻
身長185cm
血液型B
職業演出家・翻訳家・劇作家
趣味音楽鑑賞・パソコン・読書
好きな食べ物カレー・ビール

谷賢一さんの職業は作家・演出家・翻訳家。

生年月日は1982年、福島県生まれ、千葉県柏市育ち。

劇団DULL-COLORED POP主宰。合同会社DULL-COLORED POP代表社員。日本劇作家協会・事業委員。新国立劇場演劇研修所・講師をされています。

大内彩花加wikiプロフィール

谷賢一大内彩花加

大内 彩加(おおうち さいか)
所属劇団:DULL-COLORED POP
出身地:福島県飯舘村
身長:169cm
趣味:食品サンプル集め、ポケモンカードゲーム、推し活

中学生の頃から放送部に所属し、学生ながらにナレーションや司会をプロの現場にて経験。高校時代にはNHK杯高校放送コンテスト全国大会に朗読部門で出場。

専門学校東京ビジュアルアーツ声優・俳優学科、青二プロダクション付属養成所青二塾にて芝居を学ぶ。2018年の福島三部作第一部『1961年:夜に昇る太陽』への出演をきっかけに、DULL-COLORED POP劇団員となる。
東日本大震災にて被災した経験を活かし、震災関連の公演や方言指導に携わりながら故郷の大使も務める。

大内彩加wiki「仮面ライダー出演女優」インスタグラム

大内彩花加が谷賢一を「セクハラ訴訟を告発」

まず裁判の経緯をわかるために両方の主張をわかる必要がありますので大内彩花加が谷賢一を「セクハラ訴訟を告発」した内容から紹介していきます。

谷賢一大内彩加

お知らせです。 私、大内彩加はDULL-COLORED POP主宰 谷賢一を提訴いたしました。noteには以下の文章含め、より詳細にどうして告発に至ったかの経緯も記載しております。 まずは画像に纏めた文章を御一読いただけますと幸いです。 「全ての人たちへ」

大内彩加さんはノートに裁判の経緯をつづられていますのでノートの内容を紹介した後に要点をまとめていきます。

全ての人たちへ

大内彩加
2022年12月15日 14:51

 

全ての人たちへ

私、大内彩加は自分が所属する劇団DULL-COLORED POP主宰谷賢一を提訴いたしました。

ずっと願っていました。誰かが谷を告発することを。
きっと同じように願っていた人たちは沢山いて、告発の準備をしていたけれどしなかった人、自分の生活を守るためにしなかった人、もう谷には関わりたくない一心で告発しなかった人たちを私は知っています。

私は2018年6月から谷に「日常的に胸やお尻を触る」「卑猥な言葉をかけられる」「卑猥な内容のLINEが送られてくる」等の性加害を2021年3月まで受け続けました。もっと深刻な、辛すぎる性加害もありました。詳細は訴状に記載しています。
それ以外でも谷はエントラップメント型ハラスメントや環境型パワーハラスメントを行い、「稽古中に飲酒をしながら稽古をする」「酩酊状態で稽古場に来る」「性的な演出を演者の許可を取らず行う」「若い役者・スタッフを複数人の前で怒鳴りつける」「女性キャストに肩を揉ませる」「女性を必ず自分の隣に座らせる」「物に当たる、態度に大きく不快感を出しながら稽古をする」「急に人を叩く、蹴る」等の、ここには書ききれないハラスメント行為を行ってきました。

2018年当時、私は劇団員ではなく客演という立場で「福島三部作」先行上演に出演していました。当時から劇団員たちは谷の加害を止めることなく、私が胸を揉まれ、お尻を触られても特になにかアクションを起こすことはありませんでした。私が谷から受けた性被害について先輩劇団員に相談したところ、「大内よりも酷い被害を受けて来た人はたくさんいるからなあ」と一蹴され、「これがここでは普通なのか」と思ってきました。

私がそこまでしてDULL-COLORED POPに関わってきたのは私が福島県飯舘村出身であり、東日本大震災の被災者だからです。「福島三部作」先行上演時、谷に「いつか平田オリザさんと福島の浜通りで演劇祭をやるからお前も手伝うんだぞ」と言われた時から、福島県が復興すること、自分が大好きな演劇によって故郷が盛り上がることを願って活動してきました。

しかし谷は、自身が性加害を行ってきたこと、ハラスメント行為をしてきたことの自覚がありません。
2022年6月、劇団内のハラスメントについて話し合う会が行われた時に谷が「自分はハラスメントをしたことはない」「もししたとしても●●(過去の劇団員)の尻を揉んだくらいだ」と発言したことを私は忘れません。

私は今、適応障害・うつ病を患い精神科に通院、投薬治療をしています。
何度も自殺をしようとしました。
主治医からは「劇団を辞めるか演劇を辞めるかどちらかを選んでください」と言われています。
谷は今、福島県双葉町に移住をして活動拠点を広げています。そして福島で行われる演劇祭の為に動いています。

今もなお、こうして苦しんでいる被害者がいて、周りには泣き寝入りせざるを得ない人たちが沢山いて、そんな状況下でこれ以上故郷の地に足を踏み入れてほしくない。これは私の愛した故郷への侮辱行為です。
福島の人たち並びに演劇関係者でこれ以上不必要な性加害・ハラスメントを受ける被害者が増えてほしくないです。今まで声をあげられなかった被害者たちが声をあげられるように、そして被害を受けた人たちの心が少しでも休まりますように、ここに、実名にて告発・提訴いたします。

今回、「演劇・映画・芸能界のセクハラ・パワハラをなくす会」(http://nosekuhara.com/)に自身の被害を相談し、弁護士を紹介していただきこうして告発するに至りました。迅速にご対応頂きまして誠にありがとうございました。
他の相談先ですが、NPO法人「レイプクライシスセンターTSUBOMI」(https://www.crisiscenter-tsubomi.com/)にもメールにて相談いたしました。「性暴力は加害者が100%悪く、すべての責任は加害者にあります。」と言ってくださったその言葉に何度も救われてきました。

私は今まで、自分が受けた被害を大好きな母にも、親友にも、当時いた恋人にも話せずにいました。ぽつ、ぽつと断片的に、一緒に共演した仲間や、似たような被害を受けた先輩に相談したことはありましたが、全てを人に話せたのは去年の秋ごろのことです。
私自身、同情が欲しいわけでも、心配してほしいわけでも、気を遣ってほしいわけでも、腫れ物に触るように扱ってほしいわけでもありません。事実としてあったことを述べています。もし、もしこれが「大内彩加」が受けた被害ではなく「皆さんの大事な、かけがえのない大好きな人」が受けた被害だったらどうしますか?「そういう人はいないなあ」という方は自分自身が、もしくは推しや応援している誰かがそのような被害を受けたら、と考えてみてほしいです。

私は偶然、自死を選ばずにここまで来ました。偶然、死んでいないだけです。でも、誰も告発する道を選ばず、誰かが私と同じような被害を受け、苦しみ、役者を辞めてしまったら。そして自死を選んでしまったら。
私は悔やみきれません、いつまでも後悔すると思います。どうして私が声をあげなかったんだろうと一生自分を恨むと思います。

全ての人たちへ、という題にしたのは、誰しもが被害者になる可能性があり、加害者になる可能性もあり、相談相手になる可能性もあるのだから「どうか考えることを辞めないで、行動し続けてほしい」という気持ちからこの題にしました。私は被害者・加害者共に適切なケア、治療、援助、救済は必要だと考えています。それと同時に周りの理解、知識も必要だと思っています。

訴状は自ら公開はいたしませんが、皆様ご自身で請求をすれば全文読めます。裁判も傍聴できますので是非お越しください。
今は私自身、裁判やうつの治療・通院で手一杯ですが、いずれハラスメント相談員の資格を取り、自分にとって必要な勉強をしながら、演劇業界で少しでも加害者、被害者を出さない取り組みが出来ればと行動していきたいです。
そして、お芝居もたくさん、たくさんしたいです。なによりお芝居がしたいです。誰もが安心してお芝居が出来て、お客様の元に届けられるように。お客様も心置きなくお芝居を楽しめる、そんな環境作りをしたい。その一心で動いています。どうか、皆様のお力を貸してください。
そして見届けていただけますと幸いです。

2022年12月15日 大内彩加

大内彩加さんのノートの要点をまとめていきます。

  • 大内彩加は自分が所属する劇団DULL-COLORED POP主宰谷賢一を提訴いたしました。
  • 谷賢一さんの横暴さに我慢の限界がきていたのが提訴に踏み切った理由

大内彩加が谷賢一に受けたセクハラの内容

  • 2018年6月から谷賢一さんにセクハラを受けている主に」以下の内容
  • 「日常的に胸やお尻を触る」
  • 「卑猥な言葉をかけられる」
  • 「卑猥な内容のLINEが送られてくる」
  • 谷賢一さんによるセクハラは2021年3月まで受け続けた。
  • もっと深刻な、辛すぎる性加害もありました。詳細は訴状に記載しています。
  • 谷賢一さんはエントラップメント型ハラスメントや環境型パワーハラスメントを行った内容は以下の内容
  • 「稽古中に飲酒をしながら稽古をする」
  • 「酩酊状態で稽古場に来る」
  • 「性的な演出を演者の許可を取らず行う」
  • 「若い役者・スタッフを複数人の前で怒鳴りつける」
  • 「女性キャストに肩を揉ませる」
  • 「女性を必ず自分の隣に座らせる」
  • 「物に当たる、態度に大きく不快感を出しながら稽古をする」
  • 「急に人を叩く、蹴る」等の、多くのハラスメント行為を行ってきました。

    大内彩加が谷賢一セクハラがはじまった2018年当時の状況

  • 私は劇団員ではなく客演という立場で「福島三部作」先行上演に出演していた。
  • 当時から劇団員たちは谷賢一さんの加害を止めることなく、私が胸を揉まれ、お尻を触られても特になにかアクションを起こすことはなかった。
  • 谷賢一さんから受けた性被害について先輩劇団員に相談したこともあるが帰ってきた内容は以下
  • 「大内よりも酷い被害を受けて来た人はたくさんいるからなあ」と谷賢一さんのハラスメントは常習化していた
  • 「これがここでは普通なのか」と自分に言い聞かせてきた

大内彩加が谷賢一の提訴を今まで我慢した理由

  • 大内彩加さんがDULL-COLORED POPに関わってきたのは福島県飯舘村出身であり、東日本大震災の被災者という理由がある。
  • 「福島三部作」先行上演時、谷賢一さんに「いつか平田オリザさんと福島の浜通りで演劇祭をやるからお前も手伝うんだぞ」と言われた時から、福島県が復興すること、自分が大好きな演劇によって故郷が盛り上がることを願って活動してきたから我慢していた。
  • しかし谷賢一さんは、自身が性加害を行ってきたこと、ハラスメント行為をしてきたことの自覚がなかった
  • 2022年6月、劇団内のハラスメントについて話し合う会が行われた時に谷賢一さんの主張は以下の内容
  • 「自分はハラスメントをしたことはない」
  • 「もししたとしても●●(過去の劇団員)の尻を揉んだくらいだ」と発言した

大内彩加の苦悩

  • 私は今まで、自分が受けた被害を大好きな母にも、親友にも、当時いた恋人にも話せずにいました。
  • 一緒に共演した仲間や、似たような被害を受けた先輩に相談したことはありましたが、全てを人に話せたのは去年の秋ごろのこと。
  • 私自身、同情が欲しいわけでも、心配してほしいわけでも、気を遣ってほしいわけでも、腫れ物に触るように扱ってほしいわけでもありません。
  • 事実としてあったことを述べています。もし、もしこれが「大内彩加」が受けた被害ではなく「皆さんの大事な、かけがえのない大好きな人」が受けた被害だったらどうしますか?「そういう人はいないなあ」という方は自分自身が、もしくは推しや応援している誰かがそのような被害を受けたら、と考えてみてほしいです。
  • 私は偶然、自死を選ばずにここまで来ました。偶然、死んでいないだけです
  • 誰も告発する道を選ばず、誰かが私と同じような被害を受け、苦しみ、役者を辞めてしまったら。そして自死を選んでしまったら。
  • 私は悔やみきれません、いつまでも後悔すると思います。どうして私が声をあげなかったんだろうと一生自分を恨むと思います。

大内彩加が谷賢一のセクハラを我慢した結果

  • 私は今、適応障害・うつ病を患い精神科に通院、投薬治療をしている。
  • 何度も自殺をしようとした。
  • 主治医からは「劇団を辞めるか演劇を辞めるかどちらかを選んでください」と言われ劇団退団を決意

大内彩加が谷賢一に対する想い

谷賢一さんは今、福島県双葉町に移住をして活動拠点を広げています。そして福島で行われる演劇祭の為に動いています。

今もなお、こうして苦しんでいる被害者がいて、周りには泣き寝入りせざるを得ない人たちが沢山いて、そんな状況下でこれ以上故郷の地に足を踏み入れてほしくない。これは私の愛した故郷への侮辱行為です。
福島の人たち並びに演劇関係者でこれ以上不必要な性加害・ハラスメントを受ける被害者が増えてほしくないです。今まで声をあげられなかった被害者たちが声をあげられるように、そして被害を受けた人たちの心が少しでも休まりますように、ここに、実名にて告発・提訴いたします。

全ての人たちへ、という題にしたのは、誰しもが被害者になる可能性があり、加害者になる可能性もあり、相談相手になる可能性もあるのだから「どうか考えることを辞めないで、行動し続けてほしい」という気持ちからこの題にしました。私は被害者・加害者共に適切なケア、治療、援助、救済は必要だと考えています。それと同時に周りの理解、知識も必要だと思っています。

訴状は自ら公開はいたしませんが、皆様ご自身で請求をすれば全文読めます。裁判も傍聴できますので是非お越しください。
今は私自身、裁判やうつの治療・通院で手一杯ですが、いずれハラスメント相談員の資格を取り、自分にとって必要な勉強をしながら、演劇業界で少しでも加害者、被害者を出さない取り組みが出来ればと行動していきたいです。
そして、お芝居もたくさん、たくさんしたいです。なによりお芝居がしたいです。誰もが安心してお芝居が出来て、お客様の元に届けられるように。お客様も心置きなくお芝居を楽しめる、そんな環境作りをしたい。その一心で動いています。どうか、皆様のお力を貸してください。
そして見届けていただけますと幸いです

大内彩加の支援団体

今回、「演劇・映画・芸能界のセクハラ・パワハラをなくす会」(http://nosekuhara.com/)に自身の被害を相談し、弁護士を紹介していただきこうして告発するに至りました。迅速にご対応頂きまして誠にありがとうございました。
他の相談先ですが、NPO法人「レイプクライシスセンターTSUBOMI」(https://www.crisiscenter-tsubomi.com/)にもメールにて相談いたしました。「性暴力は加害者が100%悪く、すべての責任は加害者にあります。」と言ってくださったその言葉に何度も救われてきました。

谷賢一、大内彩花加「セクハラLINEがヤバすぎた」

谷賢一さんが大内彩加さんにセクハラをおこなったと話題になっていますが、そのラインの内容がヤバすぎたので紹介していきます。

谷賢一大内彩加

「大内くん、彼氏できたんだってね…。おめちゃんと報告しろよ……。勝手におっぱい触ってごめんね……また触っていいときあったら教えて下さい触りたいです……」

谷賢一さんが大内彩加さんに送ったラインの内容になります。

谷賢一が大内彩花加に反論「事実無根および悪意のある誇張」

谷賢一さんが大内彩加さんの主張に対して事実無根および悪意のある誇張と谷賢一さんのホームページで反論されていますので原文を紹介した後に要点をまとめていきます。

谷賢一大内彩加

この度は私に関することで大事なお客様、および公演関係者に多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることをまず深くお詫び申し上げます。以下、ご一読頂ければ幸いです。 本日公開された大内彩加さんの文章について

谷賢一さんはツイッターに自身のホームページを載せていますので紹介していきます。

本日公開された大内彩加さんの文章について
Published 2022年12月15日
この度は私に関することで大事なお客様、および公演関係者に多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることを、まず深くお詫び申し上げます。

本日、大内彩加さんによりインターネット上に発表された文章についてコメントさせて頂きます。彼女の文章は事実無根および悪意のある誇張に満ちており、受け入れられるものではありません。訴状が届いていないため起訴内容については確認できておりませんが、司法の場で争う所存です。

私は自分自身、全く聖人君子ではなく、非常に大きな問題を抱えた人物であると自覚しております。かつては稽古場で怒号を飛ばしたこともありました。性的なハラスメントもあったと反省しています。それらについては時効はありませんから、機会を頂きつつ謝罪や和解を続けていきたいと考えています。しかし忘れもしない2016年、私自身がある演劇現場(劇団外でのプロデュース公演)で年上の俳優やプロデューサーから非常に強いパワーハラスメントを受けた際、私はもちろん、私以上に萎縮してしまっていた座組のメンバーたちの姿を見て、今後はそのような手段に頼らず現場に立つべきだと自覚を強くしました。忘れもしない2016年のことです。

それ以降も社会でハラスメント対応および人権意識が高まる中、周囲の友人・先輩や専門家にも相談し、自身の行いを改めて参りました。彼女と初めて仕事をしたのは2018年です。私が彼女に対し訴えにあるような行いをしたことはございません。「そのつもり」がなくとも相手が不快に思うようなことが起きたり、言ってしまった場合には、その都度冗談にせず謝罪することを心がけてきました。それでも至らぬ点はあったかもしれませんが、その間の私の自分自身をアップデートしようという努力は、座組みを同じくしたスタッフ・俳優たちが証言してくれるものと信じています。またここには書けませんが、彼女に対する強い別の反論と抗議も持ち合わせております。

大内さんや宮地さんとは、今年の夏に一緒にリスペクトトレーニング講習を受けたり、ハラスメント講習を受けた上で、今後劇団としてどのような環境づくりをしていくか対応を協議していました。それも「劇団内で問題が起きたから」というきっかけではなく、演劇界で起きていた様々なハラスメント事件を他人事とせず、劇団として自分たちの対応をアップデートしていくための自発的な動きでした。そんな中、今回このように寝耳に水の形で、公演前日に訴えを起こされたことは大変心外です。これはれっきとした名誉毀損であり、私が今準備している公演遂行のためにも看過することができません。そして何より私自身の名誉のためにも、取り下げて頂くまで戦う覚悟でおります。

あらためましてお客様、および公演関係各位に多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることを心よりお詫び申し上げます。

令和4年12月15日 谷賢一

* * *

追記 先ほど現在準備している公演について、主催者判断で初日の上演中止が決定しました。楽しみにしてくれていたお客様には大変申し訳ありません。心からお詫び申し上げます。そして今日のゲネプロまで密度の高い創作をしてくれたスタッフ・俳優一同に対して、言葉もありません。今日のゲネプロ、今、まさに上演すべき、ここでしか上演できない空気がありました。改めて心よりお詫び申し上げます。

追記2 たった今、全公演の中止が決定したとの知らせがありました。訴状すら見ず、司法の判断も待たずにこの決定を下すことは行きすぎたキャンセルカルチャー、私刑と同じであり承服できません。続きは司法の場で争いつつ、私個人として、この社会的風潮に対し抗議の声をあげていこうと考えております。

谷賢一さんのホームぺジでは本日公開された大内彩加さんの文章についてとの文章で関係者及びお客様に関する謝罪からはじまっています。

この度は私に関することで大事なお客様、および公演関係者に多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることを、まず深くお詫び申し上げます。

谷賢一が大内彩花加に反論「事実無根および悪意のある誇張」

  • 本日、大内彩加さんによりインターネット上に発表された文章についてコメントさせて頂きます。彼女の文章は事実無根および悪意のある誇張に満ちており、受け入れられるものではない
  • 訴状が届いていないため起訴内容については確認できておりませんが、司法の場で争う所存です。

谷賢一が大内彩加の主張を受けて

  • 谷賢一さんは自分自身、全く聖人君子ではなく、非常に大きな問題を抱えた人物であると自覚
  • かつては稽古場で怒号を飛ばしたことを認める
  • 性的なハラスメントもあったと反省している
  • それらについては時効はありませんから、機会を頂きつつ謝罪や和解を続けていきたいと考えている
  • しかし忘れもしない2016年、私自身がある演劇現場(劇団外でのプロデュース公演)で年上の俳優やプロデューサーから非常に強いパワーハラスメントを受けた際、私はもちろん、私以上に萎縮してしまっていた座組のメンバーたちの姿を見て、今後はそのような手段に頼らず現場に立つべきだと自覚している
  • それ以降も社会でハラスメント対応および人権意識が高まる中、周囲の友人・先輩や専門家にも相談し、自身の行いを改めきた
  • 大内彩加さんと初めて仕事をしたのは2018年
  • 谷賢一さんが大内彩加さんに対し訴えにあるような行いをしたことはないと主張
  • 「そのつもり」がなくとも相手が不快に思うようなことが起きたり、言ってしまった場合には、その都度冗談にせず謝罪することを心がけてきた
  • それでも至らぬ点はあったかもしれませんが、その間の私の自分自身をアップデートしようという努力は、座組みを同じくしたスタッフ・俳優たちが証言してくれるものと信じている
  • またここには書けませんが、彼女に対する強い別の反論と抗議も持ち合わせている

谷賢一が大内彩加のハラスメント問題での対応

  • 大内彩加さんや宮地さんとは、今年の夏に一緒にリスペクトトレーニング講習を受けたり、ハラスメント講習を受けている
  • 今後劇団としてどのような環境づくりをしていくか対応を協議した
  • それも「劇団内で問題が起きたから」というきっかけではなく、演劇界で起きていた様々なハラスメント事件を他人事とせず、劇団として自分たちの対応をアップデートしていくための自発的な動きでのこと

谷賢一が大内彩加に反訴も検討

  • そんな中、今回このように寝耳に水の形で、公演前日に訴えを起こされたことは大変心外
  • これはれっきとした名誉毀損であり、私が今準備している公演遂行のためにも看過することができません。そして何より私自身の名誉のためにも、取り下げて頂くまで戦う覚悟でおります。

現在準備している公演について、主催者判断で初日の上演中止が決定しました。楽しみにしてくれていたお客様には大変申し訳ありません。心からお詫び申し上げます。そして今日のゲネプロまで密度の高い創作をしてくれたスタッフ・俳優一同に対して、言葉もありません。今日のゲネプロ、今、まさに上演すべき、ここでしか上演できない空気がありました。改めて心よりお詫び申し上げます。

全公演の中止が決定したとの知らせがありました。訴状すら見ず、司法の判断も待たずにこの決定を下すことは行きすぎたキャンセルカルチャー、私刑と同じであり承服できません。続きは司法の場で争いつつ、私個人として、この社会的風潮に対し抗議の声をあげていこうと考えております。

谷賢一に柳美里が激怒「大内彩加はレイプされた」

柳美里さんが大内彩加さんが受けたことはセクハラやハラスメントではなくレイプだと激怒されていますので紹介していきます。

谷賢一大内彩加

谷賢一本人のものと思われる裏アカを複数発見し、唖然としている。 劇団員に口止めや週刊誌へのタレ込みを指示する電話をかけまくったり、裏アカでツイートしたりする暇があったら、迷惑をかけた相双地区の関係者に謝罪をしなさい。 少なくとも、私を含め、私の知人は、誰一人、謝罪を受けていない

谷賢一さんはツイッター裏垢を作っていると告発されており、柳美里さんは激怒されています。

谷賢一大内彩加

「NEWSポストセブン」では、情報・タレコミを募集しています。下記の情報提供フォーム、または「公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せください。 ・情報提供フォーム:news-postseven.com/contact_post ・ツイッターアカウント:twitter.com/news_postseven

柳美里さんは谷賢一さんを徹底追求する構えで情報を集めています。

谷賢一大内彩加

劇作家・演出家の谷賢一氏から、『福島3部作』公演中にレイプされたと提訴した大内彩加さんは、飯舘村で生まれ育った「飯舘村までい大使」(最年少)です。

本日、被害者の大内彩加さん(福島県相馬郡飯舘村出身・飯舘村までい大使)が、記者会見を開きました。 彼女の口から発表されるまで黙っていましたが、提訴の主な内容は、レイプです。性行為の強要、性暴力です。

 

谷賢一大内彩加

谷賢一氏本人が表に出られない事情があるならば、所属事務所のゴーチ・ブラザーズが彼の代わりに、相双地区の各所(双葉町役場、富岡町役場を含む)に謝罪してまわるべきだと思います。 所属事務所の対応として、告知のみでは筋が通りません。彼は被災自治体を巻き込んでいたのです。

大内彩加2018年にレイプ「谷賢一が怖くて仕方なかった」

劇団「DULL-COLORED POP」を主宰する劇作家谷賢一氏(40)をセクシュアルハラスメントで提訴した同劇団所属の女優大内彩加(29)が20日、代理人弁護士とともにオンラインで記者会見を行った。550万円の損害賠償を求め、11月24日付で東京地裁に訴状を提出した

毎日新聞

  • 「人格を否定され尊厳を傷つけられた。名前を出さないと、もみ消されると思った」
  • 2018年7月、東京都内で谷さんと飲酒後に「終電を逃したから家に行く」と言われ、自宅で力ずくで性行為をされた
  • 大内さんは福島県飯舘村出身。原発事故がテーマの公演に谷さんがかかわることは「あってはならないと考えた。公演後の告発では見に来た人も傷つくと思った」
  • 「怖くて仕方がなかった」

12月20日のオンライン記者会見で大内彩加さんが発言された内容になります。

 

谷賢一と大内彩加を知る周囲の見解

谷賢一さんと大内彩加さんを知る人物がセクハラやハラスメント問題について見解を述べられていますので順にまとめていきます。

平田オリザの見解

谷賢一大内彩加

谷賢一氏のハラスメント案件について、劇団のブログにて、氏の退団を発表しました。 夕刻に連絡を受けておりましたが、公演のプレトークなどを挟み、関係各所と連絡を取り合っていたために、文書の公開が深夜となってしまいました。

深夜の発表にもかかわらず、多くのリツイートやコメントをいただきました。 今後、係争は司法の場に移りますので、本件について軽々に私が意見を述べることは避けたいと考えます。何か新しい展開になれば、またブログを更新したいと思います。

平田オリザさんおブログの原文をまとめていきます。

谷賢一氏のハラスメント案件について
2022年12月16日

このたび、劇団青年団演出部に所属する谷賢一氏がハラスメント案件で東京地方裁判所に告訴されました。
詳細は今後、司法の場で明らかになっていくかと思いますが、他の関係者の証言もあることから大筋の告発は事実であったと思われます。念のため、告発文と谷氏の反論も併記します。

https://note.com/saika_0702/n/ndccf29034690
https://note.com/mhpenguin/n/nb8ee9a0b2c19
https://www.playnote.net/archives/2752

劇団の内規に照らして、谷氏は青年団演出部を退団することとなりました。
法律上は推定無罪の原則もありますが、被害に遭われた方の心情をより重く考え、また告発文にはなく訴状には記されている情報も得ていることから、今回の措置を執るに至りました。
青年団はこれまでもハラスメントについては厳しい対応を続け、実際に、そのために(特に外部には告知せずに)退団となった者もいますが、今回は公共性の高い事柄のため、ここに、これを公表いたします。

青年団演出部は同人的な集合体であり、多くの場合、それぞれの演出家は、個別の独立した組織(劇団)を持っています。特に今回ハラスメントが起きたDULL-COLORED POPには、谷氏以外、青年団員は所属しておりません。そのため、当該劇団の内部で何が起こっていたかについては把握することが出来ませんでした。また青年団内のことではないので、今後もそこに直接介入することも出来ません。

しかしながら、演出部を率いる劇団主宰者としての私の責任は重く感じています。
特に谷氏は福島県の復興にかかわる仕事もしていることから、これまでもハラスメントについてはくれぐれも注意するように、折に触れて申し渡してきました。結果として、それが効力を発揮していなかったことは忸怩だる思いです。

現在、青年団は、これまでのハラスメントに関する内規をさらに精査して、新しいガイドラインと、それに対応するための劇団内組織を準備しているところでした。本件を受け、その準備を加速し、劇団内外でのハラスメントの予防、抑止にいっそう努めていきたいと考えています。
新ガイドラインなどは、完成後に、劇団ホームページに掲載の予定です(現在の内規は、2000年代初頭に制定された古いものに何度かの加筆があり、公表できる体裁になっておりません。しばらくお待ちください)。

谷氏は法廷で争うとのことですが、今後、青年団としては、被害に遭った方たちのお役に立てることがあれば支援をしていきたいと考えています。
取り急ぎ、ご報告いたします。

2022.12.15.

平田オリザ

  • 劇団青年団演出部に所属する谷賢一さんがハラスメント案件で東京地方裁判所に告訴されました。
  • 詳細は今後、司法の場で明らかになっていくかと思いますが、他の関係者の証言もあることから大筋の告発は事実であったと思われる
  •  劇団の内規に照らして、谷賢一さんは青年団演出部を退団することになった
  • 法律上は推定無罪の原則もありますが、被害に遭われた方の心情をより重く考え、また告発文にはなく訴状には記されている情報も得ていることから、今回の措置を執るに至った
  • 青年団はこれまでもハラスメントについては厳しい対応を続け、実際に、そのために(特に外部には告知せずに)退団となった者もいる
  • 今回は公共性の高い事柄のため、公表に至った
  • 青年団演出部は同人的な集合体であり、多くの場合、それぞれの演出家は、個別の独立した組織(劇団)を持っているが、今回ハラスメントが起きたDULL-COLORED POPには、谷氏以外、青年団員は所属していない
  • そのため、当該劇団の内部で何が起こっていたかについては把握することができなかった
  • 青年団内のことではないので、今後もそこに直接介入することもない
  • しかしながら、演出部を率いる劇団主宰者としての私の責任は重く感じている
  • 特に谷賢一さんは福島県の復興にかかわる仕事もしていることから、これまでもハラスメントについてはくれぐれも注意するように、折に触れて申し渡してきた
  • 結果として、それが効力を発揮していなかったことは忸怩だる思い
  • 谷賢一さんは法廷で争うとのことですが、今後、青年団としては、被害に遭った方たちのお役に立てることがあれば支援をしていきたいと考えている

以上になりますが内容を見るに周囲の平田オリザさんの見解としては谷賢一さんを庇うところはなく、むしろ被害にあった方々の支援をすると表明されています。

中でも谷賢一さんに対してはこれまでもハラスメントに対してはくれぐれも注意してきたとあるように、周知の事実であったことを証言されています。

ハマカワフミエ「大内彩加に連帯」

谷賢一大内彩加

ハマカワフミエさんが大内彩加さんに連帯すると宣言されていましたので調査して行くと、谷賢一さんにセクハラ被害を受けていたことがわかりました。

谷賢一大内彩加

おがよーございます。もう今日で何連勤だか数えられなくなってきた。ちなみに昨日も谷賢一におぱい触られた。次から金とってやる

道行くオッサンにおぱい触られたなう谷賢一ではない

谷賢一大内彩加

今日の稽古ではハマカワが思いのほかよかったので思わずほめてしまった。いかんいかん。ハマカワはぶたれて喜び、踏みにじられて喜ぶ真正ドM俳優なのだから、決して褒めてはいけない。もうやめよう。おっぱい触ってぶん殴っておけばいい。でも「異状あり」面白くなると思いますよ。

谷賢一大内彩加

それも含みますQTしっかり手触りできた大丈夫これおもしろいって予感=ハマカワさんのおぱいとしか解釈できませんでした。ごめんなさい

 

谷賢一大内彩加

あまりにも酷い展開 RT
@kasai_nacci
: 抜いた河西さん RT
@nakayashiki
: おぱいをさわったであろう谷さん、それをツイートしたハマカワさん、そしてがっつり脳内再生を試みる中屋敷さん。 RT
@hamakawafumie
: 谷賢一におぱいさわられたなう

過去のツイート内容を見る限り完全にハマカワフミエさんも谷賢一さんにセクハラやハラスメントを受けていたことがわかります。

南果歩「致し方ない判断」

 

谷賢一大内彩加

皆さまにお知らせです。 「家を壊す」 急遽、公演中止となりました。 福島で生み出す演劇に意義を感じていました。 本当に残念でなりません。 しかし、演出の谷賢一さんを提訴した方の並々ならぬ心情を思うと、これは致し方ない判断だと思います。

南果歩さんは今回の「家を壊す」に出演予定でしたが、大内彩加さんの心情を考えると致し方ない判断だと思うと発言されていますので、言及こそは避けていますが、文脈から谷賢一さんのセクハラ等があったからこそ致し方ない判断との言葉が出ていることがうかがえます。

これまで稽古などされてきた舞台がなくなるわけですから、南果歩さんの心中も察します。

ゴーチ・ブラザース「ハラスメントに厳選に対処」

谷賢一大内彩加

谷賢一に対するハラスメント提訴案件について
【谷賢一に対するハラスメント提訴案件について】

このたび、有限会社ゴーチ・ブラザーズ所属の谷賢一がハラスメント案件で東京地方裁判所に提訴されました。
弊社としましては、本件について重く受け止めており、事実関係を調査のうえ厳正に対処してまいります。

演劇の創作現場においていかなるハラスメントも排除されるべきこと、またハラスメント事案が起こった際には
被害者に寄り添うべきことは当然のことであり、舞台芸術に関わるすべての人が安心して創作に携われる環境を整え
この業界からハラスメントが根絶されるよう、スタッフ一同一層努めてまいる所存です。

2022年12月16日
有限会社ゴーチ・ブラザーズ

代表 伊藤達哉

谷賢一さん所属のゴーチブラザーズも声明を発表しており、今回のハラスメント問題を重くうけとめています。

このたび、有限会社ゴーチ・ブラザーズ所属の谷賢一がハラスメント案件で東京地方裁判所に提訴されました。
弊社としましては、本件について重く受け止めており、事実関係を調査のうえ厳正に対処してまいります。

とあるように今後谷賢一さんに対する処分が回りと足並みをそろえていくように感じますね。

谷賢一、大内彩花加「セクハラではなくレイプ」裁判の経緯に対する世間の声

  • 昨年頃から演劇界や映像業界での「#metoo」が何度か話題になっています。指導者と指導される役者という関係から、指導側が絶対的な権力を持ってしまいやすいことに構造的な問題があるのだと感じます。 また、刑事事件にはならず、被害者が民事訴訟を起こす性暴力事件はそれほど珍しくはありません。警察に相談しても、「証拠がないから」「暴行・脅迫を立証するのが難しいから」といった理由で起訴されなかったり、そもそも被害者が警察に相談できないほどのショックを受けていたりすることもあります。 時間が経てばそれだけ刑事事件化は難しくなるため、被害を訴えることができるまで回復した頃には時効を迎えていたり、事件化できるための証拠が残っていないこともあります。 刑事事件もそうですが、民事訴訟で闘うのも当事者の方にとっては大変な負担があります。大内さんの近くにサポートやケアをしてくれる人がいると良いと思います。

 

  • 別の劇団がこの人を退団させていたけど、多分ある程度事実を把握していたってことだと思う。普段から女性の胸やお尻を触っていたとかって言われてたけど、そういうことも全部劇団は聞き取っていたんだろうな。 4年前をなぜ今さらって言う人いるけど、自分がされたことと向き合って、告発できるようになるには、とても勇気がいると思うし、時間もかかるし、それこそこの女性の様に大きなきっかけがないと難しいと思う。私はちかんにあったことさえ、人に話すのに半年かかった。多分同じ目にあったら一生話せない。 映画や演劇でどんどん声が上がっているけど、少しでもこの業界が変わるきっかけになります様に。

 

  • 自衛隊の方の一件もあるし、これからは何かがあっても女性が泣き寝入りをするという時代ではなく、悪いものは悪いのだという毅然とした態度で公表する人が増えるのだろう。 嘘の告発で男性を貶めるのはもちろん許されることではないし、告発内容が真実であるかは第三者には分からないことではあるが、仮に言っている内容が全て真実であるなら、女性の側に正当性があると考えられ、男性の側が考えを改め、謝罪しなければならない。 男女平等という理念を掲げて、男女が同じ目線、同じ立場で社会で生きていこうと考えるなら、女性に対するセクハラ、パワハラに類する行為は決して許されることではないから、こういう告発が増えて、男性の側に対する意識改善の契機になればいいと思う

谷賢一再婚相手や子供「離婚した田中沙織」大内彩加に送ったLINEがヤバすぎ!

大内彩加wiki「仮面ライダー出演女優」インスタグラム

谷賢一現在「自宅は復興住宅」住所は双葉町、柳美里が激怒

コメント

タイトルとURLをコピーしました