ジャスティンビーバーの嫁・ヘイリーとの馴れ初めMステ披露曲など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年12月以来の日本のメディアでパフォーマンスすることになったジャスティンビーバーさんの嫁や馴れ初めや2021年4月9日にミュージックステーションで披露することになった最新アルバム「ジャスティス」の中からエニワンが披露されることになった。

また13日の「スッキリ」では「ホールド・オン」が披露されることになった。

スポンサーリンク

ジャスティンビーバーの嫁・ヘイリーとの馴れ初め

言わずと知れた世界的スーパースターのジャスティンビーバーさん、彼は若くして全てを手に入れてしまったがために苦悩と葛藤にさいなまれていた。

そんな時に出会ったのがヘイリーさんだったのです。

ジャスティンビーバーさんは13歳でデビューを果たすと瞬く間に世界的スーパースターに上り詰めることとなり世間ではお騒がせスターなどと揶揄されることもあるようだが、過去のインタビューを見ればこの結婚までに相当なプレッシャーなどがあったのがうかがえる。

ジャスティンビーバーの嫁・ヘイリー

ヘイリー・ビーバー、ジャスティン・ビーバーとの結婚生活を隠したかった(ELLEgirl) - Yahoo!ニュース

本名    ヘイリーロードボールドウィンビーバー

生年月日  1998年11月22日

出身    アメリカ合衆国 アリゾナ州

職業    モデル

二人の出会いは2009年にさかのぼる、ジャスティンビーバーさん15歳、ヘイリーさんが13歳の時である。

2009年に「Today show」のバックステージで二人は初めて出会うことになるのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿

その時のことを後に自身のインスタグラムでジャスティンビーバーさんはMy wife and I 🙂 where it all began「私たちは全てはここから始まった」と記している。

なんか運命ってこんな感じではじまるんですね。

ジャスティンビーバー薬物依存と禁欲生活

そして二人の運命は動きだすのですが、順風満帆に二人の交際は進んだわけではなく数々の有名人と浮名を飛ばしたジャスティンビーバーさんは元々感受性が強すぎるために芸能界の闇に耐えきれずに

薬物依存していくのです。

その当時の事をジャスティンビーバーさんは

「かなりダークなところまでおちたよ。ボディーガードが夜中に僕の寝ている部屋に入ってきて、脈拍や呼吸をチェックしてた。ちゃんと生きているかどうかってね。

そして自身の問題はもうひとつかかえておりそのことについても

セックスに関してやむをえない問題を抱えていた

と当時は自分でも異常だと感じるほど依存していたことも語っている。

そんな生活から抜け出さないといけないといけないと感じたジャスティンビーバーさんはリハビリ施設などを使わずに自力で薬物依存性の依存からの脱却することに成功した。

ジャスティンビーバー・ヘイリーとの再びの出会い

そんな禁欲生活から1年以上たった時にジャスティンビーバーさんは再びヘイリーさんと再会してまた二人の運命は動きだすのです。

その出会いから数週間で二人は婚約を発表。

そして結婚となったため当時ヘイリーさんとのできちゃった婚も報道されるほどでした。

しかし後のインタビューでジャスティンビーバーさんは一年以上の禁欲生活を経てヘイリーさんとは結婚するまで身体の関係はもっておらず、「ようやくこの女性となら身体の関係を持ちたい」と心から思えたから結婚しようと思ったとも語っている。

そしてジャスティンビーバーさんは結婚の事についてこう語った

「去年の6月にヘイリーと再会した時、どれだけ彼女のことが好きだったか、どれだけ彼女のことが恋しかったかを思い出したんだ。そして彼女がどれだけ僕の人生にポジティブな影響を与えてくれたかということをね。彼女との関係こそが「僕がずっと探し求めていたものなんだ」とひらめいたよ」

お二人は一度別れてからの復縁後の結婚であるだけにお互いの重要性を感じての再開だったんでしょうね。

ジャスティンビーバー・ヘイリーの現在

ヘイリーさんはある雑誌のインタビューで現在の様子をこう語っている。

結婚三年目にしてようやく、世間の人たちから何を言われようと「愛し合っているんだから何も問題はない」と思えるようになった

と語っており二人の順調ぶりをうかがえるコメントを残している。

その時に二人の愛の証としてヘイリーは薬指にタトゥーを入れている。

色々なことを乗り越えてきた二人にこの先に子供ができて幸せな生活を続けてほしいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました