大谷翔平の高校時代の投打の成績や評価をまとめてみた!

スポンサーリンク
野球
スポンサーリンク

メジャーで大活躍中の大谷翔平選手の花巻東高校生時代の投打の成績はどうだったのでしょうか。

大谷翔平選手が有名になったのは高校三年生の時に160km/Hをマークしたことでとても話題になり一気に有名になりました。

高校野球ファンの間では高校一年生の時からすでに人気があったようですが、高校一年生にしてすでに147㎞/hをすでに投げていたというから恐ろしい能力です。

高校二年生の時には150㎢/hを夏の甲子園で記録し、それから「みちのくのダルビッシュ」と呼ばれるようになりました。

それでは早速高校時代の大谷翔平選手の投打の成績を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

大谷翔平の高校時代の投打の成績をまとめてみた!

大谷翔平選手が高校卒業後は日本ハムファイターズに1位指名を受けてで行っているのですが、高校時代のそれまでの成績を振り返っていきたいと思います。

大谷翔平の高校一年生時の打者としての成績

大谷翔平選手は高校一年生の春の公式戦ではライトを守っており、監督の育成方法として大谷翔平選手の身体が成長段階にあったこともあり、入学当初は野手をしていました。

しかし、すでに打者としての能力を監督は見抜いており強豪「花巻東高校」にもかかわらず、一年生春から4番・ライトとして公式戦に出場していました。

この頃から大谷翔平選手の長打力は凄いものがあったのです。

普通の高校でも一年生が4番を打つというのはほとんどないにもかかわらず、強豪花巻東で一年生から4番を任せられる時点で只者じゃないことがわかりますね。

大谷翔平の高校一年生時の投手としての成績

大谷翔平選手は高校一年生の秋から投手として活躍しており、一年生にしてエースになっています。

この時の大谷翔平選手の投球スピードは147㎞/hを記録しています。

高校一年生で147㎢/hはかなり脅威的な投手でした。

大谷翔平の高校二年生時の打者としての記録

大谷翔平選手の高校二年生時の打者としての甲子園の記録は3打数一安打で打率.333を記録しています。

二年生の夏に大谷翔平選手という鮮烈なデビューを果たしています。

この試合では惜しくもホームランになりませんでしたが、見事なヒットを放っています。

そしてこの次の第84回選抜甲子園大会で大谷翔平選手のライバルでる大阪桐蔭所属の藤浪晋太郎選手から見事本塁打を放ち才能をいかんなく発揮しています。

大谷翔平の高校二年生時の投手としての成績

大谷翔平選手の投手としての成績を見ていきたいと思います。

大谷翔平選手は高校二年生の時にメジャーで活躍した田中将大選手の記録に並ぶ、当時の二年生最速タイとなる151㎢/hを記録しています。

この時の記録を機に「みちのくのダルビッシュ」と呼ばれるようになります。

大谷翔平選手は怪我を押しての甲子園の登板であったために夏の大会での記録は5イニングと3分の2を投げ自責点1の活躍を記録しています。

大谷翔平の高校三年生時の成績

大谷翔平選手は3年生時に夏の甲子園に出場することができず残念ながら高校2年生までの記録となるのですが高校三年生の時に県大会で160km/hを記録して話題になりました。

大谷翔平選手の甲子園の通算成績としては投手としては14回と3/1を投げ自責点6、通算の防御率は3.77という成績でした。

打者としては6打数2安打で通算打率は333という成績でしたので大谷翔平選手は甲子園としてはあまり特別な記録を作ることはできませんでした。

しかし、高校通算の成績としては大谷翔平選手は本塁打を56本放っており、歴代の記録でも25位という凄まじい記録を作っています。

最近メジャーで松井秀喜選手の持つ本塁打数の記録を塗り替えましたが、松井秀喜選手の高校時代の通算本塁打数は60本になります。

このことからも大谷翔平選手は高校時代からいかに凄かったがわかると思います。

大谷翔平の高校時代の甲子園の出場回数は?

大谷翔平選手の高校時代の甲子園の出場回数は2回になります。

高校一年生夏:岩手県大会4回戦敗退

高校二年生春:選抜されず

高校二年生夏:甲子園一回戦敗退(帝京高校)

高校三年生春:甲子園一回戦敗退(大阪桐蔭高校)

高校三年生夏:岩手県大会決勝敗退

という以上の結果が大谷翔平選手の高校時代の甲子園の出場記録になります。

大谷翔平が花巻東高校を選んだ理由

大谷翔平選手が花巻東高校を選んだ理由は菊池雄星選手に憧れたからと語られています。

今や二人ともメジャーで活躍しており花巻東高校はいかに名門であるかがわかりますね。

そんな強豪高校で一年生からエースで4番をやっていた大谷翔平選手がいかに凄かったがわかっていただけたと思います。

花巻東高校の場所

大谷翔平の高校時代の評価

大谷翔平選手の実際のスカウト評を見ていきたいと思います。

日本ハム・栗山監督の評価

大谷君には申し訳ないけど指名をさせていただきます。

一番いい投手で一番いい打者。

大谷君にもプラスになる。

ロッテ・林球団運営本部長の評価

国内かメジャーか方向性を出してくれるとありがたい。

シュミレーションはしたが、大谷君がこういう状態だと決めづらい。

国内でやるなら一位指名の候補の一人になる。

メジャー挑戦の場合は本人の意思を尊重したい。

横浜DeNA・高田GMの評価

藤浪も大谷も外国人選手に負けないくらい良かった。

技術は即戦力だと思うけどあとは体力。

マー君みたいに開幕から行けるか、我々が目指すのは4月から。

打者としてもいいし、悩むね。

プロに入ったら二刀流でいいんじゃないかな。

150キロを超える球をストライクに投げたらプロでも簡単には打てない。

今のままでも十分通用する。体もできてくるだろうし、大谷と藤浪は飛びぬけている。

大谷翔平は高校時代の志向は投手だった!?

大谷翔平選手の高校時代の成績についてまとめていきましたが、甲子園では特別凄い記録を作ったわけではありませんが高校時代の通算本塁打を見てもわかるように高校時代から打者としては凄かったが、投手としては球速は早かったものの記録としては特別なものは残していませんでした。

しかし、高校時代の大谷翔平選手はどちらかといえばピッチャーの方を重視していたようです。

当時の大谷の書いた目標は――
当時の大谷の書いた目標の中心には、『ドラ1、8球団』となっているが、そのために必要な8項目は「体つくり」「コントロール」「キレ」「メンタル」「スピード160km/h」「人間性」「運」「変化球」となっており、基本的にピッチングに関する項目で埋められている。プロのスカウトの中には打者として評価する声も多かったが、本人の志向はやはり投手だったことは間違いなさそうだ。

そんな大谷に対して、高校からのメジャー行きを止めるという目的があったとはいえ、二刀流というプランを提示して、実際に実現させた日本ハム首脳陣の決断は見事と言う他ない。

引用元;https://news.yahoo.co.jp/articles/b0c8133e1ff6a8a38027934a6f4339b8cd4bf8de?page=2

まとめ

大谷翔平選手の高校時代の成績とスカウト陣の評価などを見ていきましたがどうだったでしょうか。

どちらにせよ現在メジャーでとんでもない活躍をしていることが答えであり、二刀流を実行していることが本当に凄いですね。

高校時代は大谷翔平選手は怪我に泣かされたといっても過言ではないことがわかりました。

大谷翔平のまとめ記事一覧!みんなの気になる事を調査しています。
メジャーで大活躍中の大谷翔平選手のまとめ記事を一覧にしてみました。 皆さんの気になることや疑問をメディアが報じない視点で書いています。 現地の生の声やアメリカでのメディアの報道などをいち早く記事にしていますので是非日本のメディア...

 

タイトルとURLをコピーしました