野田聖子の夫の経歴は?画像や職業も判明!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野田聖子議員の夫である「文信氏」の経歴は?

顔画像や職業など気になることが多いので今回は野田聖子議員の夫である「文信氏」について調査してきました。

野田文信氏は「元暴力団」ということで裁判所に事実認定されたので、一体どんな人物なのかに迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

野田聖子の夫の経歴?画像や職業も判明!!

初の女性総理に最も近いといわれている野田聖子総務大臣の夫の文信氏とは。

  • 本名   野田文信 (旧姓:金)
  • 生年月日 1967年
  • 出身地  京都府

野田文信氏の幼少期に両親が離婚し、父親方についていくも、父親とは折り合いが悪くなり、母親に育てられます。

中学生になると、グレテ非行の道に走ります。

バイクの盗難やシンナーをやったりかなりやんちゃだったようです。

高校卒業後に板前になるべく板前修業に行くが転職し携帯事業関連の「ネクサス」に入社その後に自身で携帯電話事業を開業する。

2006年に都内に焼き肉屋を開業

2011年に韓国料理屋を開業(2013年閉店)

野田聖子の夫との馴れ初め

かつて野田聖子議員は7歳年下の鶴保庸介氏と事実婚となっており、2002年に帝国ホテルで結婚祝賀パーティーまで開いていました。

また2006年には「ナイス・カップル大賞」も受賞していますが、長年の不妊治療によりお二人は事実婚を解消されています。

2007年に野田文信氏が経営される大阪市内の飲食店でお二人は出会い、そのことがきっかけでお付き合いが始まったといわれています。

野田聖子議員と文信氏は野田聖子議員の妊娠と同時に結婚されており、不妊治療を支えて、野田性になってくれたことに深くほれ込んでいるとも言われています。

野田聖子の夫の暴力団時代

野田文信氏は「木村文信」という名前で会津小鉄会傘下の「昌山組」の幹部でした。

1992年に木村文信氏の名前が所属していた「昌山組」に文書として在籍していたことが判明したようです。

昌山組は2001年に解散しており、その前に木村文信氏は除籍しており一般人になっています。

元組長によれば、「昌山組」は1999年に元組幹部の刺殺事件が起き、組長自らが逮捕され懲役7年の実刑判決を受けたのを機に解散。組が雲散霧消したため、都合10年ほど組員として在籍していた文信氏も、堅気(かたぎ)の世界に戻っていったという。

いわば盃を交わした“親子”が再会を果たしたのは、今年2月のこと。東京地裁803号法廷で行われた証人尋問で、元組長と文信氏は顔を合わせたのだ

けたのを機に解散。組が雲散霧消したため、都合10年ほど組員として在籍していた文信氏も、堅気(かたぎ)の世界に戻っていったという。  いわば盃を交わした“親子”が再会を果たしたのは、今年2月のこと。東京地裁803号法廷で行われた証人尋問で、元組長と文信氏は顔を合わせたのだ。

「おう、久しぶりやな」
まず法廷では裁判長の前で証人らが横一線に立ち、“良心に従って真実を述べる”旨を宣誓する。その際、文信氏は、証人として呼ばれた本誌記者を挟み、元組長と並んだ。すかさず元組長は文信氏を睨みつけると、

「おう、久しぶりやな。懐かしいのぉ」

「お前、よう来れたな」

などと声をかけた。ところが、文信氏は元組長に目もくれず無言を貫いた。そんな彼は、尋問で暴力団組員であったかを問われても、

「(元組長には)会ったことはありません」

と答え、自らの過去には一切口を噤(つぐ)んだのだ。

だが、これに続いて証言台に立った元組長は、京都にあった家で文信氏と盃を交わすまでのいきさつから、組のベンツを運転させていたことや、「事始め」と称する新年会で毎回顔を合わせていたことなど、現役当時の具体的なエピソードを交えて証言したのである。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ddb75c28c928f609b50daa5c8c3ddc37ee513e33?page=2

野田聖子の夫の逮捕歴

野田文信氏は過去に二回逮捕歴があります。

①私文書偽造

1999年に野田文信氏は私文書偽造で逮捕され、「懲役1年執行猶予付きの有罪判決」を受けています。

事件の内容は警察に交通違反をした際に兄の運転免許番号を供述し、後日、兄が免許の更新の際に自分の免許の点数が原点されていることに気付き、警察に兄が事実を話し発覚しています。

②有線電気通信法違反

2005年に野田文信氏が運営するアダルトサイトから、80万件以上のスパムメールを送ったとし、全国初の有線電気通信法違反で逮捕されています。

 野田聖子の夫の職業は?

2013年に野田聖子議員が国の仕事に専念できるように文信氏は経営していた飲食店を閉めて、野田聖子議員の母親の弘子さんの介護と、長男、真輝(まさき)くんの世話を見るために主夫になられています。

野田文信氏の現在の職業は「リプートの関連会社のヴァティックス」の監査役に就いています。

監査役の報酬は月15万円程度と報じられています。

「ニューディール株式会社」というホットヨガ関連の第9位の株主と言う事も判明しており、他にも事業を複数行っている可能性もあります。

2017年の野田聖子議員が大臣になった際には野田文信氏が「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス

ワイキキ・ビーチ」に1億5千万円のコンドミニアムを所有していることも明らかになっています。

野田聖子の夫は「スピンドル」の同元?

Gacktコインと騒がれた仮想通貨「スピンドル」に野田文信氏も関わっていたことが分かりました。

スピンドルを扱っていた会社は「BLACK  STAR &CO」という会社になります。

「金融庁の担当者を呼び、無登録での仮想通貨交換業を行なっていたとして金融庁から通告を受けていた業者を同席させたうえで、庁のスタンスを説明させていた」という問題は、夫の野田文信氏も絡んでいるだけに、今後、大きな問題に発展しかねない。

「無登録で仮想通貨交換業」を行なっていたのは、スピンドルという仮想通貨を運営するBLACK STAR&CO。同社は、野田氏が「知り合い」であると認める歌手で俳優のGACKTがスタッフとして参加、「広告塔」にもなっている関係で、スピンドルには「GACKTコイン」の別名もある。

また、野田氏とGACKTの関係をとりもったのは夫の野田文信氏であり、スピンドルの立ち上げ時からBLACK社を支援、後述するように仮想通貨交換業者にスピンドルの上場を働きかけるなど、深く関与していた。創業メンバーには一定割合のSPDトークン(スピンドルの通貨記号SPDの通貨引換証)が割り当てられており、文信氏も権利を持つ。

引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56716

上記の記事の通り文信氏もGacktさんもスピンドルに深くかかわっていたことがわかりますね。

この当時のニュースでは野田聖子大臣が無登録事業者を同席させ金融庁に圧力をかけたと報じられていましたが、野田聖子大臣はこのことについて否定されていましたが野田文信氏がスピンドルに関わってた以上疑われるのは仕方内容に思いますね。

野田聖子の夫は韓国人?

ネット上では野田聖子の夫は韓国人というワードがあったので調べてきました。

どうやら「木村」という姓は通り名のようで、本名は「金文信」という噂があります。

野田聖子議員と結婚後は野田文信と名乗っています。

しかし、文信氏が韓国籍のままだと外国人は名字を変えることができないので、帰化していなければ現在も本名は「金文信」の可能性もあります。

しかしながら決定的な証拠があるわけではないので単なる噂の可能性もあります。

野田聖子の夫に対する世間の声

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか。

野田聖子大臣の夫の文信氏は元暴力団で「会津小鉄会 昌山組の幹部」ということがわかりました。

韓国人などの噂もありますが決定的な証拠を見つけることはできませんでした。

仮想通貨の「スピンドル」には完全に関わっていることもわかりました。

現在は暴力団ではないと言う事もわかりましたね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました