松崎悠希は狩野英孝と同級生だった。ハリウッドで活躍するまでの経歴

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松崎悠希さんは狩野英孝さんとかつて日本映画学校俳優科で同級生だったことが4月7日放送のあいつ今何してる?で明らかになった。

松崎悠希さんがハリウッドで活躍するようになるまでの道のりなどを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

松崎悠希の経歴とハリウッドまでの道のり

本名     松崎悠希

生年月日   1981年9月24日

出身     宮崎県

身長     183cm

松崎悠希の少年時代

松崎さんの俳優としての基礎は7歳の時に出会ったラボ・パーティで構築された。

松崎さんは7歳の頃に母親に連れられ、宮崎で行われたラボ・パーティに参加したことがきっかけで俳優としての素質は培われたと語っています。

7歳から18歳までの11年間ラボの舞台に立ち続け、テーマをもって活動していたようです。

その時のテーマは「真面目に観客を笑わせる」だったようです。

ラボでは英語と日本語の舞台をやっていたようですのでこの時に英語の基礎もつくっていたのでしょうね。

ラボでの英語を聞き続けたことによって微妙な発音の違いが聞き分けれるようになったとも言っておられます。

松崎悠希渡米

その後ラボで11年過ごしたのち狩野英孝さんと日本映画学校俳優科で出会いその後の2000年7月にアメリカで俳優になることを決めて18歳の時に渡米したようです。

アメリカに決めた理由は完全実力主義の「オーディション」で役が決まることにチャンスを見出したからのようです。

それにハリウッド映画に一作品でも出演できればお金持ちになれると思ったとも言っている。

しかし、何のプランもなく18歳で勢いと憧れだけで渡米した松崎さんにはアメリカの厳しい洗礼が待ち受けていたようです。

当時持っていた所持金をすべて盗まれた松崎さんはニューヨークでストリートパフォーマンスをして生活費を稼いでチャンスをうかがったようです。

そんなある日にチャンスが巡ってきて日本人役の悪役オーディションを勝ち取りその映画に参加したことにより、その時の映画の監督に俳優になりたいのならニューヨークではなくハリウッドに行ったほうがいいと助言を受け拠点をハリウッドに移すことになったようです。

松崎悠希の出演作品と役名

ハリウッドに移り住んで数か月はチャンスが巡ってこなかったようですが地道な努力もありあの名作「ラストサムライ(憲兵役)」のオーディションで見事出演を勝ち取ったようです。

そこから松崎さんは「ピンクパンサー2(ケンジ役)」「パイレーツオブカリビアン4生命の泉(ガーヘン役)」「硫黄島からの手紙(野崎役)」など数々の映画やドラマにも出演していく活躍をアメリカでみせています。

 

松崎悠希と狩野英孝の関係

狩野英孝さんとは日本映画学校俳優科で三か月だけ同級生だったようです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました