困窮対策菅総理の決断。ひとり親だけではなく二人親も支援

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ禍の中国民の生活は日増しに厳しくなる中、菅総理の決断が国民全員の期待を集めている。

アメリカではバイデン大統領が追加支援を決める中、日本は後手に回り、国民に緊急事態宣言などの要請を求める一方国民に対してはいまだ支援策をこうじていなかった。

緊急小口支金と総合支金は6月末までの延長を決めた。

臨時特別給付金が制定されればひとり親世帯だけではなく所得の低い子育て世帯に支給することを求めた。

政府は16日に支給する方向で調整していて対応世帯に向けての基準作りなど支給に向けて調整している。

スポンサーリンク

臨時特別給付金の支給額

今回成立すれば三回目となる臨時特別給付金。

今回はひとり親、二人親に関係なく低所得子育て世帯を対象とし子供1人の場合は5万円を支給する。

第二子以降も5万円に引き上げられる見込みである。

正直コロナ禍が長引き国民は完全に疲弊状態にあり、政府の早急の判断を求めるところである。

子育て世帯の支援も重要だが単身世帯も派遣切りなどで困窮者が多いのも実情である。

追加支援対策に期待したいところである。

自民党の下村政調会長は15日、新型コロナウイルス対策として、所得の低い子育て世帯に対し「臨時特別給付金」を支給することなどを求める党の提言を菅総理に申し入れました。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7539c75bac731a68feab7ad33335ff28d3a1a544

 

タイトルとURLをコピーしました