未分類

小阪渉生が牛丼強盗「はしご強盗をした理由」

kosakashouki未分類

小阪渉生容疑者が牛丼チェーンの吉野家とスキ家をはしごで強盗というニュースがありました。

小阪渉生容疑者の強盗の動機などを見ていきましょう。

小阪渉生が牛丼強盗

複数の警察官に取り押さえられた黒い帽子の男。 東京・福生市の牛丼チェーン「すき家」で事件を起こした強盗犯逮捕の瞬間だ。 【画像】逮捕された小阪容疑者…取り押さえられる瞬間も 男はこの事件の直前、現場近くの「吉野家」にも強盗に入ったとみられている。 強盗致傷の現行犯で逮捕されたのは、小阪渉生(こさか・しょうき)容疑者(26)。 逮捕の瞬間を撮影した人は、当時の緊迫した状況をこう話した。 店内にいた動画撮影者: 押さえられる時は暴れて抵抗してたんですけど、現行犯逮捕ってなった後はそのままゆっくり連行されていきました。

引用元

今回の容疑の強盗傷害罪は懲役6年以上無期懲役以下になるのですが、報道によればレジ金19000円の強盗事件で全く割に合わない事件を起こしていることがわかりました。

なぜこんな割りに合わない事件を起こしたのか次の記事で深ぼっていきたいと思います。

小阪渉生が牛丼強盗を起こした動機や画像

「吉野家」「すき家」をハシゴ…「借金の返済に困って」

一連の事件は、米軍横田基地の西側、JR福生駅の周辺で起きた。 最初に通報があったのは、午前11時半すぎ、「吉野家」福生店の店長からだった。 「カッターナイフを突きつけられ、お金を盗まれた」 それから約15分後、今度は吉野家から1キロほど離れた「すき家」福生店でも強盗事件が発生。 「すき家」の店員一人がカッターナイフで首を切られ、軽傷を負った。 警視庁によると、「吉野家」からの通報を受けた警察官が付近を警戒していたところ、「すき家」で事件が発生。すぐに現場へと駆けつけ、小阪容疑者を確保した。 逮捕の瞬間を撮影した人の話では、小阪容疑者は店員に刃物を突きつけ、金を奪おうとしていたという。 店内にいた動画撮影者: 刃物のようなやつを、レジの前とかにちょっと向けながら店員さん捕まえて、左手で肩を組んで右手でカッターを突きつけてみたいな感じになってて。 小阪容疑者は調べに対し、「借金の返済で困って強盗に入ったことに間違いない」と容疑を認めている。 警視庁は、1件目の犯行についても小阪容疑者が関わったとみて調べている。

やはり強盗の動機は借金苦によるものだったようです。

画像

小阪渉生容疑者はまだ26歳なので反省して人生をやり直してもらいたいですね」。

小阪渉生が牛丼強盗をした場所

吉野家福生店とすき屋福生店になります。


〒197-0021 東京都福生市福生799−5

〒197-0012 東京都福生市加美平1丁目19−7

地図で見ても徒歩15分圏内での犯行になりますね。

小阪渉生の牛丼強盗の犯行現場を客が撮影

 

この強盗事件を撮影したお客さんのコメント

撮影した男性は「突然、店員がカウンターを乗り越えて店の外の警察官を呼びに行ったので当初は何事かと思いました。容疑者は客には聞こえないほどの小さな声で店員に何かを要求していて、男性店員を左腕で肩を組むようにして押さえていました。警察官が続々と店内に入って来ると、警察官に対し『そこに座れ』などと声をあげていましたが、その後、取り押さえられていました。まさか、昼間に強盗が入るとは思わなかったのでとても驚きましたし、出入り口が1か所しか無く、逃げることも危険だったので、とても怖かったです」と話していました。

それでも撮影した勇気はすごいですね。

小阪渉生が牛丼強盗「はしご強盗をした理由」に対する世間の声

 

もしかしたら小阪容疑者は地方出身なのかもしれないですね。

やはりなんで牛丼屋さんで強盗?の声が多いようですね。

たしかに同じ強盗なら宝石店や高級時計店、現金輸送車などお金があるところを普通は狙いますよね。

皆さんはどう思われました?

小阪渉生が牛丼強盗以外の前科はあるのか!

筆者もこんなはしご強盗をするような輩が前科はあるはずがないという先入観で今回本気で更に調査してきました。

 

地元ではやらないっていう言葉を信じてさらに他地域ではやっているのか?と思い情報網のすべてを使い徹底的に調べてみましたが2022年11月16日現在は前科などの他の事件

に関与している形跡はわかりませんでした。

万が一そんな情報があれば是非ともご一報ください。

小阪渉生が牛丼強盗「はしご強盗をした理由」まとめ

今回は小阪渉生が牛丼強盗「はしご強盗をした理由」について今回は調査してきました。

借金苦による犯行であることがわかりました。

そもそもお金目的でるにもかかわらずお金をそんなに強盗できるはずがない飲食チェーン店をしていることもわかりました。

しかし、この社会の闇むしろこの日本政府に一石を投じたい気持ちになった事件であることも忘れてはいけない事件なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました